最新MLM成功法

 

 

契約社員と正社員の福利厚生格差とは?

契約社員(非正規雇用)と正社員の福利厚生格差?

契約社員(非正規雇用)が利用できる福利厚生についても正社員と差があることが多いと思います。

その違いを下記に挙げてみます。

住宅手当

家賃の一部の支給のことを言いますが、非常に大きいですよね。

その住宅手当の支給が正社員に限定されるというのはよくある話だそうです。

給与自体も正社員より低いうえに、住宅手当でさらに差が開いてしまうのです。

私自身も正社員時代は、十分な住宅手当が支給されていました。

転勤がともなった場合は8割近の家賃補助もあったので、住宅面での不安もなく生活しておりました。

しかし、契約社員時代は住宅手当は一切なく自己負担で生活しており、給与の何割かをその支払いに毎月費やしておりました。

正社員以上の仕事をしているのに、いや、させられているのに!

毎月毎月の家賃に追われる生活から抜け出したいですよね。

家族手当

正社員時代には、家族手当も現金で上乗せで支給されていました。

契約社員の場合は扶養している人がいる場合でも支給されない、ということがよくあるそうです。

こちらも毎月のことですから、物凄く大きな問題です。

契約社員だから支給されないなんて、納得できません!

交通費

交通費に関しては、正社員は交通費全額支給というのが大半ではないでしょうか。

一方、契約社員は交通費が出なかったり、上限付きで一部のみという会社多々あるようです。

交通費に関しては、出て当然と考えている人も多いと思いますが、支給することは会社の義務というわけではないようです。

それゆえに、自宅から離れた職場で働くことになるとかなりの負担となってしまうことがあり

ますね。

私の場合は契約社員でも交通費支給がありましたので、助かっておりました。

同じ仕事をしていても、契約社員というだけで給与が低いうえに交通費自己負担という境遇では悲しすぎます。

 退職金

退職金は正社員にあっても、契約社員にないというケースがほとんどと言われています。

ただ、会社によっては、契約社員にも満了金という名目で支払われることも稀にあるようです。

私自身は正社員の勤務経験が2社、契約社員での勤務経験が1社あります。

正社員時代は退職金が結構いただけたので、退職後もしばらくは生活費に困ることなく次の仕事を探すといったことが出来ました。

しかし、契約社員時代は退職金が一切なかったために、次の仕事を見つけてから退職手続きするという余裕のない流れでした。

真面目に一所懸命に働いても何も出ないのか、といった感じで正直言って不満を感じました。

退職金が出ないということを知らされたときは、大きなショックを受けた記憶があります。

「この仕事は一生続けるものではない」と自分に言い聞かせながら勤務していました。

仕事に対してのモチベーションに大きく影響していたことは、悲しい現実です。

明るい未来を作り出しましょう!

正社員への道を歩みつづけることもいいでしょう。

しかし、その保障は得られません。

たとえ、正社員だったとしても、副業をしなければならない時代です。

契約社員のままでも、安定したもっと収入を得たいと思いませんか?

契約社員のままでも、ビジネスオーナーへの道を進まれてはいかがでしょうか?

サラリーマンだからこそ、副業ネットワークビジネスが必要なのです。

サラリーマンが経済不安から逃れられる唯一の手段、

サラリーマンが夢を叶えられる唯一の手段、

それが、ネットワークビジネスなのです。

by なほ

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.