副業でも初心者でも成功できるタイミング

ネットワークビジネスで成功するには、

ご自身に適しているビジネスを

選ぶことが大切です。

製品にも、プランにも、報酬プラン、

タイミングそれぞれに避けられない宿命があります。


また、外資には外資ならではの特徴もあります。


どの企業(MLM)を選ぶのか?

愛用者として製品を購入するだけでしたら

簡単なことです。

しかし、ビジネスを前提とすると多くの

要素が絡み、難しくなってしまいます。


私の判断基準は、

時間も人脈も経験も強い心も無い
初心者(普通の人)が、副業でも確率
高く安定的権利収入を得られるMLM

としています。

※ 強い人材をお持ちの人には、個別にて
アドバイスさせていただいております。


私なりの判断をお伝えしますので、

ご自身のビジネス選びにお役立てください。

副業MLMとして20年以上稼ぎつづけた

私の主観です。

リーダーとしてトレーナーとして、

多くのメンバーさんをサポートしてきた

経験からの結論です。


オープン公開のホームページですので、

話せないこともあることはご了承願います。


副業でも成功しやすいMLMの選び方に

ついては、以下の各要素をご理解ください。

  • 『副業者や初心者が選んではいけないタイミング』は、こちらから


このページでは、

副業ネットワークビジネスで
成功するタイミングの選び方

を、より詳しくお伝えいたします。

ネットワークビジネス 成功するタイミングの選び方 

まず、ランキングから読み取れる、

『常識的な企業選び』を、お話しいたします。

ネットワークビジネス売上げランキング2015
をご覧ください。

各社の売上について

  • 年商500~1000億円のネットワークビジネス企業は2社しかない
  • 年商200~500億円のネットワークビジネス企業は7社しかない
  • 年商50億円以上のネットワークビジネス企業は約32社しかない

トップ100社まで広げると(今回は載せていませんが)

  • 年商10億円以下のネットワークビジネス企業は約40社以上もあります。
    トップ100社のなかでさえ、半数近くが年商10億円以下なんです。
  • 100位にいたっては4億円。

各社の会員数について

一企業が月に1万円分の製品をリピートする会員を

1万人囲い込むと、年商12億円となります。

トップ60社以外の数千社が10億円以下です。

トップ60社以外は、1万人の会員も
囲い込めていないということです。

トップ100にランクインすることは、
大変なことなんです。

にもかかわらず・・・
100位の企業の年商は4億円、その会員数は

僅か3,300人となります。


つまり・・・
数千社あるネットワークビジネス企業のなかで、

1万人以上の会員を囲い込める企業は

1%前後でしかありません。

経過年数について

  • 日本での年商が100億円を超えている

16社の全てが設立(外資系の場合は日本開業)

から10年以上が経過している

  • 対前年比をみると、ほとんどの企業が

微増または微減となっている


上位企業は優良企業ですが、

急成長時期は終わり、安定期または

衰退期の時期に入っています。

だから、今から参加してもタイミングとしては遅い。

これが常識的な結論です。


私には、一概にそうとは思えません。

毎月のようにネットワーク企業の「立ち上げ」

の話をいただきます。

ありがたいような・・・

煩わしいような・・・です。


「立ち上げ(初期段階)」の話を持って

こられたら、あなたならどうしますか?

  • 日本初上陸
  • 新規立ち上げ前の縁故募集
  • 今ならトップポジション

と、魅力的なトーク満載です。


ビッグチャンスが来た~!

という気持ちになりますよね。

だって、「立ち上げ期」ですから。

その言葉に魅力を感じてしまうことは、

当然なことです。


「新規立ち上げ企業に参入しておけば、簡単に成功できる!」

と、思い込ませる人もいれば思い込む人もいれば・・・



では、「あなたにとっての成功タイミング」を考えてみましょう。

初期段階では・・・

初期段階ということは、新規企業ということです。

新規なだけに市場は手付かず状態です。

当然、悪い噂はまだ少ないです。

チャンス!チャンス!ビッグチャンス!
ワクワク!ワクワク!ルンルンルン

でも・・・
この時期は、体制が整う前ですから

成功パターンも何もかもが未開拓です。

セミナー体制を含めて、すべてを

自分たちで作り上げなければなりません。

当然、会社の倒産や撤退もありえます。

会社からのサポートだってアテになりません。

突発的にいろいろなトラブルにも遭遇します。

当然、瞬時に適切な対応を求められます。

  • 各種セミナー体制など組織作りノウハウ
  • 多種トラブルを克服した豊富な経験
  • 立ち上げ期でも乗り越えられるような人脈

これらが必要となってきます。

いくら「初期段階」でも、

「あなたにとってはチャンス」では

ないかもしれません。

もしかしたら、あなたは信用を失う

だけかもしれません。

ネットワークビジネスに懲りてしまう人も

多くいらっしゃいます。
そうなんです、新規企業という「初期段階」は、

あなたにとってのタイミングではないのです。


あなたにとってのタイミングは別として、

企業としての成功確率を考えてみましょう。

経済産業省「中小企業白書」によると、

起業後の倒産率は・・・

企業全体を見た場合、起業した後の倒産率は

5年以内に倒産する企業は全体の約2割、

10年以内には約3割、20年後には約半分の

企業が倒産という結果が出ています。


ネットワークビジネス企業に限って言うと

さらに倒産確率は高まります。

ハーバードビジネススクールの統計によると、

ネットワークビジネスの会社で設立から

1年以内に倒産もしくは撤退する確率は約90%、

そして5年以上継続して営業している会社は

1000社に1社しかない、ということです。


立ち上げだから・・・
縁故募集時期だから・・・
日本に上陸前だから・・・
グランドオープン前だから・・・
モメンタム前だから・・・

しかし、結果は・・・

  • 結局日本に上陸しなかった
  • 会社が動き出さなかった
  • 製品を買ったらすぐに倒産してしまった

そんな事態が頻繁に起こっているのです。


このことを気づかず、「初期段階」に

飛びつく人が多くいらっしゃいます。

そして、ほぼ全員が消え去ってしまっています。


その企業が長期的な成長を続ける優秀企業

であるなら、普通の人にとっては、

先に参入しても後から参入しても有利とか

不利とかの違いはありません。

会社やテクニックをかえても、原理原則が

分かっていない人は成功できないのです。

もちろん新規のネットワークビジネス企業にも、

すばらしい会社はあるかもしれません。

しかし、、、

すでに述べさせていただいたように

あなたのタイミング(実力)と企業の成功確率

を考えるならば、長く営業を続けている

歴史ある会社を選ぶ方が成功確率が高いのです。

モメンタム期(急成長期)では・・・

一般的には「いいタイミング」とは言われていますが・・・

モメンタム期では・・・
セミナー体制も整い始めてきます。

業界から最も注目される時期です。

でも・・・
まだまだ不完全な点も多く不安定な時期です。


あなたが、「対応できる実力」をお持ちでしたら

チャンスなのかもしれませんが・・・

MLM安定期では・・・

安定期を迎えると社会社の体制も安定しています。

全国規模でのセミナー体制も整っています。

会社もメジャーとなっていると、

信用も得やすいです。

その反面、マイナスイメージも世間に

広まっていることでしょう。

未経験者が確率高く成功するタイミングは・・・

それでも、経験の少ない方でしたら、この

「安定期」からの参加がいいのでは

ないでしょうか?

「まだ世間に知られていない企業で
大きな成功を収めたい」

という気持ちもわかりますが・・・

最初に参加したネットワーク企業だけで

成功を求め続けることも良いことです。

しかし、立上げ期やモメンタム期では

99%無理だと思います。


ネットワークビジネス業界で成功すれば

いいのではないでしょうか?

そのためには、実力をつけることです。

安定した企業の教育システムなら、

ある程度の実力をつけることが可能です。

実力さえついているなら、他社に

変わるということもできます。

あなたが情熱を持って前進しているかぎり、

チャンスは何度も来ますから。

タイミングに騙されたらダメ! 

今がタイミング!
これからがタイミング!

この言葉って、いたるところで聞かされます。

創業以来、10年でも20年でも

言い続けている会社も沢山あります。

もしかしたら、すべての会社が

言っているかもしれません。

どうして、そんな詐欺みたいな事を

言えるのでしょうか・・・?


経験のない人だったら、信じちゃいますよね。

この言葉に騙されないようにしてくださいね。

大切なことは、『あなたに適したタイミング

ですから。。。

成長率に騙されたらダメ!

驚異の200%の成長率ですから、

10年に一度のビッグチャンス!

なんてことが、年がら年中耳に入ってきます。

立上げ期には、組織を持った他社リーダーが

組織ごと移動してきます。

外資では、「グランドオープン前だから」

というトークだけで人が増えるものです。

数百%の成長なんか、よくあることです。

設立後何年も経っているにもかかわらず、

一年目くらいの成長率を語り続けるリーダーも

多くいらっしゃいます。

やはり、経験のない人だったら、

信じちゃいますよね。

くれぐれも、成長率を鵜呑みになさらぬよう

ご注意ください。


ライン

いかがでしたでしょうか?

私は、安全性と確実性を優先して

判断してきました。


もちろん、私があげた成功条件から

外れた企業でも成功しています。

ただ、外れれば外れるほど高い人的能力が

必要となってきます。

「高い能力をお持ちでない普通の人にとって・・・」

を前提とした判断基準です。

あなたは初心者(普通の人)ですよね?

無料講座/あなたの知らない成功法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.