最新MLM成功法

 

 

正社員と契約社員の収入格差とは?

契約社員と正社員とは、何でしょうか?

正社員とは、期間を決めずに、入社してから定年まで勤務することが予定された人のこと。

一方、契約社員とは、雇用期間を1~2年といった形であらかじめ特定し、長期間の勤務を予

定していない人のことを言います。

その他にもいろいろ違いがありますが、

最も大きな違いは、「雇用の安定性」だと言われています。

『正社員』の長所と短所とは

●長所 ボーナス支給あり/昇格可/重要な仕事を任される/生涯賃金高い/福利厚生の充実

/有給完全消化/フレックス勤務

●短所 残業代つかない場合がある/業務負担が多い/プレッシャーがある/転勤がある

『契約社員』の長所と短所とは

●長所 残業代がある/ある程度ミスしても許される/気分的に楽である/自分の時間がある

/転勤がない

●短所 昇格しにくい/業績悪化の場合不利になる/ボーナスが非常に少ないもしくはない/

退職金がない/時給制の場合は、給与が労働時間に比例/住宅ローンを組むときに審査が不利

前述のように、雇用の期限が定められているのが契約社員の特徴です。

その期間が終われば退職するというケースと再契約を行い同じように働き続けるというケースがあります。

会社側と本人に異議がなければ自動更新で契約というようケースもあり、その場合は正社員とあまり変わらない感じがします。

しかし、労働条件の様々な分野で正社員とは差がつけられている場合が多いので気を付けましょう。

正社員の方が何かと雇用条件などが良く、将来的にも身分が保証されているし、安定している

と言えます。

常に契約終了の可能性がある契約社員とは大きく違う点であると思います。

特に収入面での差は、ボーナスの有無や退職金の有無などで鮮明に表れると思います。

正社員と契約社員の平均年収格差は、一般的に100万円程度と言われています。

自身の経験からすると

私自身も契約社員と正社員の両方の経験がありますがやはり正社員時代の方が、安定していましたし生活も潤ってました。

しかし、いろんなプレッシャーもあったのも確かです。

契約社員は、その点プレッシャーもなく職種によりますが、ノルマもなく気持ち的には楽でした。

ただし、収入面ではボーナスがない点が大きく差が出ます。

退職金もなかったためお財布事情は厳しいものでした。

主に収入面の不安から、本業だけでは厳しいことから副業を始めるも多いことでしょう。

収入面の不安から脱却して安定した収入が必要だと思いませんか?

私も将来を見据えた安定収入目指して副業を始めています。

by なほ

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.