ネットワークビジネス 最新ニュース  2018.11  

最新ニュース 2018.10

アムウェイ 共同創業者のリッチ・デヴォス氏が逝去 アムウェイを世界最大のネットワークビジネス企業に育てた功労者

[ 2018/11/2 ]

アムウェイの共同創業者のリッチ・デヴォス氏が9月6日、米ミシガン州エイダの自宅で逝去した。享年92歳。

デヴォス氏は、ネットワークビジネス業界の草分け的なリーダーであり、アムウェイを世界最大のネットワークビジネス企業に成長させた。1991年に米プロバスケットボール協会(NBA)のチーム、オーランド・マジックを買収し、オーナーとして上級会長を務めた。

デヴォス氏は1926年3月4日、ミシガン州グランドラピッズに生まれた。高校時代の友人であるジェイ・ヴァンアンデル氏(2004年12月7日に逝去)とともに、1949年、サプリメントのニュートリライト(Nutrilite)の独立ディストリビューターとしてビジネスを始めて大きな成功を収めた。

1959年、デヴォス氏とヴァンアンデル氏は、ミシガン州エイダの自宅で、多目的洗剤「L.O.C.」を唯一の製品に販売を始め、アムウェイを創立した。デヴォス氏は93年まで社長を務めた。

この50年間で、アムウェイを86億ドルの企業に育て上げ、世界100以上の国と地域で何百万人ものディストリビューターを通して、何百点もの高品質な製品を販売し、アムウェイはネットワークビジネス業界で、世界売上高が第1位のリーディング・カンパニーに成長した。日本アムウェイを1979年に設立し、国内最大のネットワークビジネス企業に成長させた。

また、デヴォス氏はこれまでに、「BELIEVE!」「思いやりの資本主義」「不屈の楽天主義」「あなたを変える10の魔法の言葉」「Simply Rich」の5冊の著書を執筆している。2014年にリリースした「Simply Rich」は、アムウェイの共同創業者として大きな成功を通して、仕事、信仰、家族、貧しかったクリスチャンの少年時代から持ち続けた中核をなす価値観について振り返った回顧録。慈善家、地域社会のリーダーとしても活動し、地元ミシガン州西部にある数多くの公共的・文化的な建造物には「デヴォス」の名が刻まれている。

1953年2月にグランドラピッズ生まれのヘレン・J・ヴァン・ウェセップ氏と結婚(彼女は2017年10月18日に逝去)。2人の間には、1人の娘と3人の息子、16人の孫と、さらに8人の曾孫がいる。ヘレン夫人ととともに寛容な博愛主義者だった。

2004年4月の「リッチ・デヴォス スペシャルラリー2004」(東京ドーム)と、「リッチ・デヴォス スペシャル・リーダーズ・ミーティング」(パシフィコ横浜)に参加したのが最後の来日となった。

日本アムウェイは、デヴォス氏を偲んで、公式ホームページの「amwaylive」に、特設ページを設けて、デヴォス氏の功績を公開した。

(本記事は、月刊ネットワークビジネス2018年11月号に掲載しています)

中国世界貿易組織研究会 第3回インターナショナル・ダイレクトセリング・エリート18フォーラム 2018 in Japan開催

[ 2018/11/1 ]

中国世界貿易組織研究会は9月5日、「第3回インターナショナル・ダイレクトセリング・エリート18フォーラム 2018 in Japan」を都内・ベルサール六本木で開催した。中国企業のコンサルティングなどを手がけるDIRグループ(本社湖北省武漢市、ブライアン・カイ総裁)が主催。フォーラムでは、日中の業界代表が講演を行い、両国の現状を報告し、今後の相互に交流していくことを確認した。

(続きは、月刊ネットワークビジネス2018年11月号をご覧ください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.