最新MLM成功法

 

 

シャンデール

シャンデール

寸評・近況

シャンデールは女性向けの補正下着・機能性下着を専門的に取り扱い、製造から販売までを一貫して行っています。

女性に対して代理店加入を促し、そちらを通じて販売を展開するネットワーク型の手法を採用しています。

こうしたタイプの製品展開では代理店に販売するだけという形式になる事が多いのに対し、シャンデールでは全国各地の支社網を駆使し、そちらに展開するラウンジ・サロンにて製品説明や試着会を受け付けている点にあります。

その為、代理店側としても充分に納得した上での製品販売を展開する事が可能で、購入者の評判の高さにも繋がっています。

一方で本格的な代理店加入を促すので、代理店になる為のプランとしては商品購入量及び全体での価格が纏まった金額となり、比較的高めと言えます。

あえて問題点を挙げるならば、ランクアップ条件や収入獲得条件を満たすために、買いこみ・まとめ買いが発生しやすいということです。

近年の動きとしては、商品全般のリニューアルを行った事が挙げられます。その際に機能性を維持しつつも見掛けを単調とするような方向を取った為、一時期品質が落ちたのではとの評が立ちました。

最もリニューアル後の製品が出回るに連れ、機能性を重視した事が知られるようになって、基本的にはこうした評価は解消されています。

株式会社シャンデール会社概要 Edit

  • 会社名 株式会社シャンデール
  • 資本金 5000万円
  • 本社所在地
     〒630-8113 奈良県奈良市法蓮町442-3
     TEL.0742-36-1181(代) FAX.0742-36-6630
  • 取締役社長 中島 常雄
  • 売上高 83億円(第30期:2015年3月期)
  • 主要取引銀行
     三井住友銀行・奈良支店
     三菱東京UFJ銀行・奈良支店
     南都銀行・大宮支店
  • 主要協力先
     東レ(株)
     東レ・オペロンテックス(株)
     栄レース(株)
     蝶理(株) ほか
  • 主要信販会社
     ヤマトクレジットファイナンス(株)
    (株)オリエントコーポレーション
    (株)アプラス

 引用 シャルレ公式サイト

美しさと機能にこだわり続けるシャンデール Edit

いつまでも美しいボディラインを保つことは女性にとっての永遠のテーマです。シャンデールはこの永遠のテーマに真面目に取り組んでいます。

■ 女性の体型変化の原因 Edit

女性のからだは、出産経験や、老化現象など、年齢にともないすこしずつ体型は変化してゆきます。だれもが経験するこの体型の変化は、避けて通れない現実です。また間違った下着選びも体型を崩す原因といわれています。

ファンデーション
その補整機能と効果(動画)はこちら

■ 体型補整下着・ファンデーションとは Edit

この変化から、本来あるべき体型・位置へと補整する下着、それが、ファンデーションと言われる体型補整下着(補正下着)です。からだにフィットしたファンデーションを正しく着用することで、本来あるべき美しいプロポーションを普段から保つことができます。

■ 理想のプロポーションづくりをめざして Edit

シャンデールのファンデーションは、理想のプロポーションづくりをめざし、美しさや機能性にこだわって生まれた体型補整下着(補正下着)なのです。

※「痩せる下着」ではありません。
 また、腰痛、肩こりが治るなど、医学的効能がある下着ではありません。

  • 沿革

1980年 下着販売会社として、シャンデールの前身である川村商事を創業
1982年 体型補整下着の製造および販売の一貫体制、全国展開を図るため、現会長がシャンデールを創業
1985年4月 奈良市大宮町において株式会社シャンデールを設立
1986年10月 東日本で本格的な営業を開始するため、東京都墨田区に東京支社を開設
1987年12月 北海道地区の営業拠点として、札幌市に札幌支社を開設
1989年3月 九州地区の営業拠点として、福岡市に福岡営業所を開設
1991年1月 九州地区の営業拡大に伴い、福岡営業所を九州支社に昇格
1991年3月 関東地区の営業拡大のため、東京支社を東京都中央区に移転
1991年4月 北陸地区の営業拠点として、金沢市に北陸営業所を開設
1991年12月 北海道地区の営業拡大に伴い、札幌支社を北海道支社に昇格し札幌市中央区に移転
1992年3月 事業拡大に伴い、奈良市法蓮町に物流センターを開設
1992年5月 東北地区の営業拠点として、仙台市青葉区に仙台営業所を開設
1992年10月 関西営業部の営業拠点を奈良市法蓮町・愛正寺ビルに移転
1993年9月 沖縄地区の営業拠点として、那覇市に沖縄営業所を開設
1994年4月 北陸地区の営業拡大のため、北陸営業所を金沢市本町に移転
本社・自社ビルを奈良市法蓮町442番地3に建設、移転
1994年7月 九州支社を福岡市・紙与博多ビルに移転
1994年11月 四国地区の営業拠点として、高松市に四国営業所を開設
1994年12月 中部地区の営業拠点として、名古屋市に中部営業所を開設
1995年5月 関西地区の営業拡大に伴い、関西営業部を関西支社に昇格し
奈良市大宮町・奈良センタービルに移転
1995年8月 東京支社を三井海上テプコビル(現・三井住友海上テプコビル)に移転
1996年1月 東北地区の営業拡大に伴い、仙台営業所を東北支社に昇格
中部地区の営業拡大に伴い、中部営業所を中部支社に昇格
1996年4月 四国地区の営業拡大に伴い、四国営業所を四国支社に昇格
1997年7月 中国地区の営業拠点として、広島市に広島営業所を開設
1998年4月 中国地区の営業拡大に伴い、広島営業所を同所にて拡張
1999年4月 東北支社を仙台市宮城野区・仙台森ビル(現・仙台MTビル)に移転
1999年8月 北陸地区の営業拡大に伴い、北陸営業所を北陸支社に昇格
2001年4月 海外進出の第1号として、台湾での本格的な営業を展開するため、
台湾(台北市)に台北支社・台北サロンを開設
2002年2月 関西支社を大阪市北区・OAPタワーに移転
2003年4月 中国地区の営業拡大に伴い、広島営業所を広島支社に昇格
2003年5月 台湾(高雄市)に高雄サロン開設
2004年4月 四国支社を高松市・高松シンボルタワーに移転
2007年12月 沖縄営業所を那覇市・おもろまちA.Iビルに移転
2009年6月 北海道支社を札幌市・ORE札幌ビルに移転
2009年12月 台北支社と台北サロンを統合し、
台北市・揚昇忠考大捿に移転
2012年7月 沖縄営業所の業務を九州支社に移管

関連記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.