シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読者を増やす!Webサイトの作り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

 





Contents

読者を増やす!Webサイトの作り方

この記事では、制作サイトの決め方、SEOライクなキーワード選定術、おすすめコンテンツ、記事の書き方のコツなどテクニカルな部分を書いていきます。

サイトを作る時の参考にしてみてくださいね。
※ちなみに無料でここまでの情報を載せてるサイトはないので、このサイトをみているあなたは相当ラッキーです!(笑)

制作サイトの決め方

ここでは制作サイトをどのように決めていけばいいかを順を追って解説していきます。
この手順で制作サイトを決めれば、どんなユーザーに対して、どのようにサイトを作っていくのか方向性が明確になるため、サイト制作がやりやすくなりますし、多くのユーザーにサイトを見てもらう際に有利になり、戦略的なサイト制作ができるでしょう。

サイトのアウトラインを決めよう

まずはサイトのジャンルを決めましょう。
ジャンル選定には以下のことを意識するといいです。

  1. 検索ボリュームがあるもの
  2. 悩みを解決できるもの
  3. 誰にも相談できないモノやサービス
  4. 流行の商品やサービス
  5. 流行の出来事
  6. 自分の得意なもの
  7. 季節性のあるもの、イベント
  8. ASP取り扱い商品が多いジャンル

8に挙げたASPとは、アフィリエイトサービスプロバイダのことで、アフィリエイト広告の配信事業者のことです。
もしWebサイトで広告収入を得たいのであれば、意識するといいと思います。

ジャンル選定に役立つツール

Google Adwords(キーワードプランナー)

使用にはGoogleアドワーズへの登録(無料)が必要になりますが、非常に便利なツールなので活用しましょう。
キーワードの検索需要が分かる、狙うキーワード以外の需要がある関連キーワードがわかる、集客効果が高いキーワードかどうかが分かるといったメリットがあります。

SEO難易度チェックツール

ターゲットキーワードでの検索結果上位表示難易度をチェックできます。

※ターゲットキーワードとは、例えばサイトタイトルが「主婦におすすめ副業ランキング」だとしたら、「主婦,副業,おすすめ」や「主婦,副業,ランキング」というキーワードで検索されたときに検索結果上位表示を狙っているということになります。
この狙うキーワードのことをターゲットキーワードといいます。

SEO診断ツール

ターゲットキーワードでの検索結果上位10サイトの強さを調べることができます。

※運営サイトがまだない場合は検索結果上位一位のサイトのURLを入力しましょう。

タイトルを決めよう

あなたのサイトや投稿記事のタイトルを決めましょう。

タイトルはサイトのジャンルや記事の内容に関連したもので、32文字以内にするのが理想です。

ターゲットキーワードも意識して決めましょう。

サイトのタイトルは最初に決めるべきですが、サイトのコンテンツとなる記事のタイトルは記事を書き終わった後でも構いません。

例:「専業主婦の副業日記」

サブタイトルも決める

サブタイトルはサイトのキャッチコピーのようなもので、なくてもいいですが、あるとサイトの軸が決まりやすいので作ることをおすすめします。
10~50文字前後でサイトの主旨が伝わる内容を設定しましょう。

サブタイトルは以下のようなことを意識するといいでしょう。

  • 何の目的で発信しているのか
  • 誰に対して発信しているのか
  • Webサイトのコンセプト
  • タイトルを補足する情報

例:30代専業主婦が家事と2児の子育てをしながら日々の副業活動を綴っていくブログ。

ページ要約を決める

ページ要約はメタディスクリプション(meta description)といい、サイトや投稿記事の大筋を書きます。

サブタイトルの内容をより分かりやすく伝える文章を書くとよいでしょう。
100文字程度で書くのが理想です。

キーワード選定をする

サイトのアウトラインが決まったら、記事(コンテンツ)を書くためのキーワードを選定していきましょう。

この項ではキーワード選定の基礎や具体的な選定方法を解説していきます。

キーワード選定の基本をマスターしよう

キーワードには、ビックキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワードがあります。

ビッグキーワード

検索回数は多いですが、検索結果で上位表示させるのは難しいです。
月間検索回数数万回以上が目安になります。

ミドルキーワード

ビッグキーワードより検索数は少ないですが、新規サイトでも努力次第では上位表示が狙えるキーワードです。

新規のサイトであれば、被リンクや内部リンクが集まるトップページをミドルキーワードで上位表示を狙っていくとよいでしょう。

月間検索回数が数千回以上が目安です。

スモールキーワード

スモールキーワードは、ロングテール、ニッチワードともいわれます。

選定キーワードによっては十分に上位表示を狙えます。

キーワードが3つ以上で検索されるとロングテールになります。

例えば、「ダイエット サプリ 効果」で検索すると”ダイエット”と”サプリ”と”効果”という3つのキーワード(2つ以上のキーワードが組み合わさることを複合キーワードといいます)から構成され、ロングテールだと言えます。

ブログ運営を始めたら、まずはスモールキーワードで各記事の上位表示を狙っていくといいでしょう。

スモールキーワードは月間検索回数が数百回程度のものになります。

キーワード選定をしてみよう

実際にキーワード選定をしてみましょう。
まずはGoogle AdWordsにログインします。
※あらかじめGoogle AdWordsに登録している必要があります。まだの方は先に登録を済ませておいてください。

ログインしたら、画像の赤枠で囲っている「設定」マークをクリックします。

次に「キーワードプランナー」をクリックします。

調べたいキーワードを検索欄に入力します。

「開始する」をクリックします。

検索したキーワードと、それに関連するキーワードの情報が出てきます。

キーワードと、それに関しての月間平均検索ボリューム、競合性などといった情報を調べることができます。

月間平均検索ボリュームが多ければ、そのキーワードでの検索回数が多いことになります。
競合性が高ければ、検索結果での上位表示の難易度が高いことを示します。
検索回数が多く、上位表示難易度が低いキーワードは穴場だと言えます。

このように、キーワードプランナーを使うとキーワード選定がやりやすくなりますので、是非活用しましょう。

上手なタイトルの作り方

タイトルは、サイトの看板のようなもの。ユーザーは、検索結果に出てきたサイトのタイトルがニーズを満たしてるか、惹きつけられる文章か、などによってサイトにアクセスするかどうかを無意識で判断しています。

いくらコンテンツが良くても、サイトにアクセスしてくれなければ意味がありません。
そのため、タイトルも本文と同じくらい、もしくはそれ以上に重要だと言われています。

ここでは、タイトルをつける際のポイントについて、SEO的観点なども交えて解説をしていきます。

タイトル作成のポイント

タイトル作成には以下のポイントを意識しましょう。

  • 役立つ情報があることを伝える
  • お得情報があることを匂わす
  • 記事の重要ポイントを伝える
  • 閲覧者(ターゲット)を意識する。
  • 不要なワードは極力入れない
  • 単語の羅列はしない

タイトルは、”期待感”や”興味”を持ってもらえるような文章を意識しましょう。
また、タイトルですべてを伝えず、自身のコンテンツに誘導するための文章にしましょう。

SEOを意識したタイトル作成

SEOの観点から考えると、前述したポイントに加えて、下記も意識しましょう。

  1. ターゲットキーワードを文の始めに持ってくる
  2. 複合キーワードの場合は、キーワード同士を近接させる
  3. 32文字以内で設定する
  4. タイトル文の中では1キーワードにつき1回までの使用にとどめる
  5. 文の区切りに注意する

それぞれを例を出して解説していきます。

1.ターゲットキーワードを文の始めに持ってくる

(A)ダイエットサプリの人気ランキング
(B)効果があるのはどれ?おすすめダイエットサプリ

”ダイエット”と”サプリ”という複合キーワードでの検索をターゲットにするなら、Aの方がよいということになります。

2.キーワード同士を近接させる

(A)ダイエットサプリの人気ランキング
(B)ダイエットに効く!おすすめのサプリを紹介

(A)の方が”ダイエット”と”サプリ”というキーワードが近接しているのがわかりますね。
このようにキーワード同士をなるべく近接させましょう。

3.タイトルは32文字以内にする

この理由は、検索結果にタイトルが表示される際、32文字以降が表示されないためです。
長すぎる文章は見た目も良くない上、文章に含まれる一つ一つのキーワード同士の繋がりも弱くなりがちです。
なるべく、簡潔な文章になるように心がけましょう。

4.1キーワードにつき1回まで

悪い例:ダイエットサプリ10選|おすすめダイエットサプリを紹介

タイトルの中に同じキーワードを重複させることは、SEO的にマイナスであると言われています。
タイトルの中では、1キーワードにつき1回までにとどめておきましょう。

5.文の区切りに注意する

SEOを意識しながらタイトルを作成していると、一文ではうまくまとまらないといったことがよく出てきます。
そんなときに、「|」「~」「-」「:」などの記号を使って文を区切りますが、その際の注意点があります。

(A)ダイエットサプリ体感レビュー|本当に痩せるのか検証
(B)ダイエットサプリ~本当に痩せるか検証
(C)ダイエットサプリ – 本当に効くのはどれ?
(D)ダイエットサプリ : 口コミまとめサイト

Aの区切りに使った「|」は、大変使いやすく、特に注意することなく使うことができます。迷ったらこれでいいでしょう。

Bの区切りに使った「~」は、前の文とのつながりを持つ記号として考えられています。
今回の例のような使い方であれば問題ないですが、使う際には少し注意が必要です。

CとDの区切りに使った「-」と「:」ですが、これを使う際には記号の前後に半角スペースを入れなければなりません。
半角スペースを入れなかった場合、検索エンジンは区切りとして認知してくれず、記号も前後も合わせて一文だと認識されてしまいます。

※ちなみに、SEOの基準はよく変わるため、ここに書いたポイントはあくまで参考程度にとどめておいてください。

記事の書き方マニュアル

ここでは、記事の書き方のポイントを解説していきます。
良いコンテンツであれば、ユーザーはあなたのファンになったり、リピーターとしてまたあなたのサイトに来てくれたりします。
この項で魅力的な記事の書き方をマスターしましょう。

ダメな記事と良い記事のポイント

ダメな記事と良い記事のポイントを、それぞれ解説していきます。
これを理解しておけば、記事作成において失敗することはないでしょう。

ダメな記事のポイント

  1. Webサイトのジャンルに関係がない内容
  2. ターゲットキーワードと関係がない内容
  3. 他サイトのコピペだけで作成されている
  4. 読んでいてつまらない
  5. 役に立たない・価値がない
  6. 内容が薄い
  7. オリジナリティがない
  8. 見づらい

記事を書くときはこれらのことに注意して、常に読者の気持ちになって記事を書きましょう。

良い記事のポイント

  1. 情報量が豊富である(内容が濃い)
  2. 役立つ情報を提供している(価値のある内容)
  3. 閲覧者のニーズに応えている(問題解決をしている)
  4. 見やすい(記事を読むのが苦痛でない)

ブログ記事に求められているのは「検索キーワード=質問や疑問、悩み」などに対する”答え”です。これらを解消することが第一優先です。

ですので、「質問者=ターゲット=閲覧者」をしっかりと意識しながら記事を書きましょう。

記事のネタ探し

もう発信する内容や文章が明確で、すらすらと記事をかける方もいますが、発信するネタに困っている方もいらっしゃいます。
そんな方のために、ネタ探しのポイントをご紹介していきます。

ネタ選びのポイント

  1. 悩みを解決できるネタ
  2. 役立つ話
  3. 専門的な知見
  4. 旬の話題
  5. 学術上の統計データ
  6. 面白い話
  7. 感動する話

おすすめの記事ネタ

おすすめのネタを14個挙げておきました。ネタを探す際に下記も参考にしてみてください。

1.悩み解決
ネットだからこそ解決できる深い悩みを見つけ、解決してあげる記事。

2.日常の発見
最近あった面白いことや気づきなど、日々の生活の発見を記事にできます。

3.自分ネタ
旅行記や自分の習慣にしていることなどを記事にできます。

4.役立つモノ・ツール紹介
自分が活用しているツールやアプリ、役立つ知識や便利なモノ・サービスなどの紹介をします。

5.アンケート
閲覧者が気になるお題に対してのアンケートを取り、集計して結果を発表します。
募集ページと結果発表ページで2記事作成できます。

6.過去の経験
自分の経験から記事を書けます。何か専門知識などがあるのであれば、それをオリジナルコンテンツとして記事にできます。

7.過去記事のグレードアップ
過去に取り扱った内容の補足やそこから発展させた内容の記事を書くことができます。

8.新旧サービス・商品の比較
例えば、スマホの新しい機種と前の機種の性能の比較など、サービスや商品の比較で記事が作れます。

9.外部サイトの紹介・まとめ
ユーザーに役立つ情報が外部サイトに既存であれば、それを紹介することもできます。
紹介するサイトを自分なりに評価してみたり、意見を交えながら記事を書いていくといいでしょう。

10.外部記事の改変・パワーアップ
他サイトの記事を自分なりにアレンジして、記事にすることもできます。コピペはやってはいけないですが、他サイトの内容を独自の観点に置き換えながらアレンジして発信することは問題ありません。

11.レビュー
自分が観た映画やテレビの内容に対しての感想を記事にしたり、読んだ本の書評、商品やサービスのレビュー、また漫画やドラマの考察なども記事にしやすいです。

12.時事ネタ
トレンドや話題のニュースなどを取り上げた記事。独自の意見などを交えながら記事を書いていくといいでしょう。

13.おもしろネタ
ちょっと笑える画像や動画など、面白いものは共感を得やすいので、人気記事になりやすいです。

14.自分のブログに関する情報
自分の運営するブログに関する記事。これまでのブログ運営の軌跡や、アクセス状況を公開したり、読者からのコメントに対する回答を記事にしてみたりできます。
ある程度ブログが成長してきたら、こんな記事も検討してみてください。

ネタ探しまとめ

上記のおすすめ記事ネタなどを参考にして書く記事が決まったら、ダメな記事と良い記事のポイントに挙げた点を注意しながら記事を書いていくと、ユーザーライクな魅力的な記事が作りやすくなるでしょう。

ブログ記事のネタは探せばごまんとあるので、あとは「ネタの取捨選択力」と「アウトプット力」。この二つを記事を書きながら磨いていきましょう。

ネタの取捨選択力は、ダメな記事と良い記事にあげたポイントを意識しながらやっているうちに自然と身につくでしょう。

アウトプット力を磨くには、まずは自分が情報をしっかりとインプットすること。理解すること。そのうえでとにかくあとは文章を書いていくこと。これが上達への近道です。

ライティング上達のコツ

ブログ記事を書く時のコツをいくつか紹介していきます。
初心者の方、記事を書くのが苦手な方は参考にしてみましょう。

冒頭文に結論を持ってくる

記事の冒頭文(つかみ)は非常に重要です。

ブログなどの記事を読む際、ユーザーは冒頭の文章を見て、そのあとの文章を読むかどうかを判断することが多いです。

そのため、冒頭文で興味や関心を持ってもらえなければ、ページから離脱してしまうということになりかねません。

一番簡単なのは、冒頭文(つかみ)に結論を持ってくるという方法です。
結論から先に述べ、そのあとに理由や補足の情報を書いていくようにするといいでしょう。

見出しから先に決める

流れとしては、キーワード選定⇒タイトルと記事の見出し⇒ネタ探しという順番が理想になります。

ネタ探しでは、記事の見出しに対しての肉付けをするイメージで情報を集めていきます。

経験を積んでいくと、ネタを集めながら、作成記事の流れをしっかり構成できるようになってくると思うので、それまでは順番にやっていくといいでしょう。

文字数とSEO

SEOでは、文字数とSEOは直接的な関係はないとされていますが、検索結果の上位に表示されているサイトはやはりある程度(2000文字以上)の文字数があります。

Googleなどでは内容の濃い、質の高いページが上位に表示される仕組みになってます。
質の高いコンテンツにしようとすると、必然的に文字数が多くなるというのはあると思います。

また、文字数が多くなると、ロングテールでの検索にヒットしやすくなります。
ページで使用されるキーワードが多くなればなるほど、ロングテールでの検索に有利になるでしょう。

そのため、明確な基準はありませんが、1記事あたり2000文字~4000文字以上を目標に記事を書くとよいでしょう。

推敲・校正しよう

記事を書き終えたら、必ず記事を読み直しながら推敲と校正をしましょう。

推敲とは、文章の表現などを改良していくことを言います。

校正とは、文章の誤字や脱字などを修正していくことを言います。

これらをすることで、より読者に読みやすい記事になるだけでなく、あなたの文章力もどんどん向上していくことでしょう。

ライバルブログを研究しよう

ライバルブログや有名ブロガーの文章を読んで、いいところをどんどん吸収していきましょう。
その時に、「自分だったらどんな表現にするか?」なども考えながら読んでいくとより良いです。

他の人の表現の仕方などを吸収することによって、どんどん記事を書くのが上手になります。

読者を意識する

先にも述べましたが、「質問者=ターゲット=閲覧者」を意識することによって、ユーザーライクで価値ある文章を書くことができます。
見やすく、価値ある内容を書くように心がけましょう。

アフィリエイト記事

アフィリエイト記事で成果を出していくには、その商品・サービスからどのように現状の不満を解消することができるのかを伝えることが重要です。

読者が抱える悩みや不満、欲求を理解し、商品・サービスによってそれらを解消できることをしっかりと理解させることが必要になります。

読者の悩みや不満、欲求はそのページにどんなキーワードでアクセスしたかで読者の背景を読み取れば、想像することができます。

こういった読者の悩み、不満、欲求に応えていくことが一番重要ですが、セールスにおいては「返報性の原理」「希少性の法則」「3信の法則」「フットインザドア」「ドアインザフェイス」などのテクニックを使うことによって、成約率をあげていくことができます。

また、下記のようなことを意識すると、より信憑性のある内容になりますので是非盛り込んでいきましょう。

  1. 商品やサービスに対する自分の意見
  2. 商品のメリット・デメリット
  3. 体験談や経験談
  4. 断定的表現(曖昧でない)
  5. 同じジャンルにおいて別の商品やサービスを勧めすぎない
  6. 口コミ
  7. データ(図や数字で表現する論理的裏付け)
  8. 専門的知見

最後に

ここまでご紹介した内容を意識しながら記事を作ると、初心者の方でもしっかり中身のあるサイト・ブログを作っていくことができると思います。

とにかく読者目線に立って、サイトやブログの記事を作成していくことが一番重要なことになります。これはどんな内容のサイトやブログを作るにしても共通していることです。

その前提を踏まえながら、SEOやセールステクニックなどの知識や技術を身につけること。

そして、あとは記事を書いていくうちにどんどんライティング力は身に付きますので、経験を積みながら成長していきましょう!

わからないことがあれば、相談してくださいね。

あなたが価値ある魅力的な記事を発信できるよう、祈っております。

by Kazuki(岩川和樹)

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いします!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.