最新MLM成功法

 

 

契約社員の正社員登用の実態とは?

契約社員の正社員登用の実態とは?

契約社員(非正規雇用)の方は、正社員へのステップアップを望んでいる方も多いのではないでしょうか?

仕事のやりがい、待遇面の改善という面で正社員登用を目指す人もいるでしょう。

雇用の期限が定められているのが契約社員の特徴です。

契約期間が終われば・・・

その期間が終われば退職するか、再契約を行い同じように働き続けるかの選択になってきます。

その際には、会社側と本人が異議なければ自動更新で契約していくというようなところもあります。

その場合は、正社員とあまり変わらない感じがします。

しかし、

現実は労働条件の様々なレベルで、特に収入面は正社員と差がつけられているわけです。

契約社員とは大きく違います

正社員は常に契約終了の可能性がある契約社員とは大きく違います。

正社員は、いろんな面で雇用条件が良く将来的にも身分が保証されていると言えます。

契約社員はいつ契約が終了するかわかりません。

契約期間が近づくと様々な不安の中で仕事をしている人も多いと思います。

そんな不安定な状況から脱却するためにも正社員になりたいと思う人も多いでしょう。

なぜ、契約社員?

正社員にしたくないから契約社員にするのです。

契約社員とは正社員になれる可能性のまま雇われている人が本当に多いと思います。

雇う方は低賃金でお手軽な人材と考えていることが多いと思います。

業種によっては、ほとんどが契約社員しか雇わない時代であると思います。

正社員募集で採用しておいて、とりあえず契約社員でスタートして

結果、ひどい目に合わされる人も多いようです。

正社員になるには

正社員になるには新卒採用、本社採用のみなどと会社の規定によって規定されている場合があります。

仕事面の成果、年齢、学歴などの面で、優秀な人材であっても、契約社員から正社員登用が出来ない企業が多くあります。

正社員登用の制度がない企業では、どんな優秀人材であっても厳しいのが現実なのです。

正社員登用あり?

契約社員に対しては、「正社員登用あり」ということで、正社員以上の仕事をさせて、契約更

新時には契約終了をちらつかせ、条件を悪くして延長するケースもよくあるそうです。

契約社員は、正社員の半分以下の賃金、待遇、不安定身分で雇うのです。

この場合の契約社員は、正社員登用の前提ですから、良く働きますし、高倍率をくぐり抜けて

いる人なので能力も高い場合が多いのです。

動きも態度も良く、知識・経験豊富な生活のかかる中高年の方がほとんど契約社員だったという会社が多いようです。

また、契約社員に情をかける経営陣・幹部などほとんどいないと思います。

そして、日本の就労者全体の相当数が、契約社員、派遣社員、パートなどと言われています。

私自身も契約社員を経験してきましたが

私自身も契約社員を経験してきましたが、誰にも認めてくれるほど一生懸命に働き、とある時

期に正社員登用について尋ねましたが、はっきり無理と言われ、先は長くないなと思いながら

日々仕事をしていました。

言い方は人それぞれですが、正社員にこき使われたのも事実です。

皆さんの会社勤務実態はいかがでしょうか?

契約社員のままでいいのでしょうか?

明るい未来を作り出しましょう!

正社員への道を歩みつづけることもいいでしょう。

しかし、その保障は得られません。

たとえ、正社員だったとしても、副業をしなければならない時代です。

契約社員のままでも、安定したもっと収入を得たいと思いませんか?

契約社員のままでも、ビジネスオーナーへの道を進まれてはいかがでしょうか?

サラリーマンだからこそ、副業ネットワークビジネスが必要なのです。

サラリーマンが経済不安から逃れられる唯一の手段、

サラリーマンが夢を叶えられる唯一の手段、

それが、ネットワークビジネスなのです。

by なほ

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.