ネットビジネスやMLMは権利収入?アフィリエイト型権利収入

 

ネットビジネスやMLMが、本物の権利収入・不労所得・資産構築となり得るのか?

 

「貧乏人はお金のために働き、金持ちは資産構築のために働く」

金持ち父さん貧乏父さん』の著者、ロバート・キヨサキ氏の言葉です。

あなたはこの言葉を聞いてどう感じますか?

この言葉に少しでも興味を持つあなたは、

「働かなくとも豊かになれる人生」の鍵を手に入れられるかもしれません!

 

また、ロバート・キヨサキ氏は、著書でこのような言葉も述べています。

「資産から生み出される権利収入(不労所得)を手にしなければ、金持ちにはなれない」

つまり、資産を持つかどうかが貧富を決定する、ということです。

これについて詳しい情報を知りたい方は、『金持ち父さん貧乏父さん』をお読みになることをお勧めします

 

 

現在、多くの方が資産構築と権利収入を求めてアフィリエイトやネットビジネス、ネットワークビジネスに参入しています。

これらの収入形態について考えてみるあしょう。

資産、不労所得、権利収入とは?

資産とは・・・
収益をもたらす経済的価値があるもの(仕組み)のことです。


不労所得
とは・・・
自分が働かなくとも得られる収入のことです。

特許使用料や印税、家賃収入なども不労所得と言えるでしょう。


権利収入
とは・・・
不労所得と同じく、自分が働かなくとも得られる収入のことです。

不労所得と異なるのは、権利収入の場合、お金が入ってくる「仕組み」を持っている、という点です。

自分が働くのではなく、「仕組み」に働いてもらって収入を得るのです。

この「仕組み」から得られる収入を『権利収入』と言います。

※『不労所得と労働収入の違い・労働収入にすがった人生の危うさ』については、こちらをご覧ください。

 

 

初期投資がない資産構築

ホリエモンこと堀江貴文氏は、儲かるビジネス 4つの原則をこのように語っています。

1.利益率が高い

2.在庫をできるだけ持たない

3.月に定額の収入が入る

4.大資本がいらない

 

堀江氏によると、初期投資がない資産構築は儲かるビジネスである、というわけです。

たしかにそうですね。

金融や不動産ビジネスは資産となり得ますが、大きな投資を必要とする、というリスクを伴います。

初期投資で多額の資金を支払って失敗したら、大赤字です。

ビジネスを始めるときは初期投資がゼロもしくはゼロに近いビジネスを選ぶのが賢い選択と言えます。

 

 

SOHO型インターネット活用ビジネス

初期費用不要ということなら、「SOHO型ビジネス(在宅)」、さらに、「インターネット活用ビジネス」をおすすめします。

SOHO型ビジネス

SOHOとは英語の「Small Office Home Office」の略称です。

小さな事務所や自宅を仕事場とし、個人事業主となって、情報通信ネットワークを駆使しながら行う事業のことを指します。

以下の仕事もSOHOの一例です。

・アンケートモニター

・データ入力

・イラストレーター

・ライティング

・サイト制作

 

インターネット活用ビジネス

在宅でありながら、あなたのビジネスを世界中に発信できます。

個人でありながら、大企業のビジネスにさえも勝てる可能性があります。

あなたの未来へのチャンスは、インターネットにこそあります。

インターネットは、巨大なビジネスを仕掛けるための強力なツールなのです!

 

では、どのような「SOHO型インターネット活用ビジネス」が「働かなくとも豊かになれる権利収入」を生みだす資産となるのでしょうか?

この記事では、資産・不労所得・権利収入を、まとめて「自ら働かなくても、収入を生み出してくれる仕組み」のこととし、以下、「権利収入」という表現に統一します。

代表的な「SOHO型インターネット活用ビジネス」を例にあげて考えていきましょう。

 

まず、

・アンケートモニター

・データ入力

・イラストレーター

・ライティング

・サイト制作

これらは、労働収入の域を出ることは難しいでしょう。

 

 

アフィリエイト

ネット広告の課金方式の一つです。

自分で作ったブログやサイトで、スポンサー企業の製品やサービスを紹介し、宣伝行為します。

 

自分で在庫を抱えて自分のサイトで販売するのではなく、スポンサー企業のサイトに誘導するためのサイトやブログを作ること(アフィリエイトリンクする)から始まります。

ユーザーが、アフィリエイトリンクから商品を購入することで報酬が発生する仕組みです。

 

アフィリエイトは権利収入なのでしょうか?

アフィリエイトを行うにあたり必要な作業は・・・

1 取り扱い製品に興味を持ってもらえるような魅力的なサイトの作成

2 自分のサイトにお客様が来てくれるためのSEO対策

  • SEO対策:検索サイトでできるだけ目立つようにするための対策

 

アフィリエイトサイト構築以後は、放置してもお客様がアクセスし・・・・

放置しても権利収入が発生し・・・

と思う人もいるでしょう。

 

実際、アフィリエイト教材を販売している多くの人も、そのような宣伝文句を謳っています。

 

ここで厳しい現実をお話しします。

アフィリエイトは、サイトを作ったら終了という訳にはいきません。

客に検索でそのサイトにたどり着いてもらい商品を購入してもらうまでの流れが必要となります。

客の目にとまるサイトにするには、当然、検索した時にサイトの情報が上位に表示されるようでなければならず、そうでない限り、ほとんど見てはもらえません。

アフィリエイターの中には、検索結果とサイトの閲覧数とは関係ない、という人もいますが、よく考えてみてください。

あなたがもし商品を購入するとしたら、検索ページの後ろの方のサイトから商品を購入しますか?

目の前のサイト、つまりトップ周辺のサイトを開き、気に入ったら購入する、という感じではないでしょうか?

インターネット上での製品の販売は、検索で上位に表示されるサイトだけで売上のほとんどすべてを占めている、ということが容易に推測できます。

 

つまり、対象製品が検索で上位に表示されない限り、売上は望めないのです。

あなたは、検索で上位に表示されるサイトを作る自身はありますか?

もし、そんなサイトを作れたとしても、その後はその上位を維持し続けなければならないのです。

そうなると、たくさんのライバルのページと闘わなくてはなりません。

そのためには、

「絶えず表示順位をチェックし、順位が落ちないように更新を繰り返す」

という頻繁なサイト運営を延々と続けなければならないのです。

 

それくらいなら大丈夫!という我慢強いあなた。

実は、さらに大きなハードルが待ち構えているのです。

それは、検索エンジン側の検索順位決定プログラムの変更です。

つまり、『パンダ』や『ペンギン』の監視の目による検索順位の変動がある、ということ。

 

せっかく上位に表示されていたのに、

下位に落ちたり・・・

圏外に飛ばされたり・・・

そうなってしまうと、自分のサイトへの訪問者も売上も激減してしまいます。

* 『パンダ』『ペンギン』とは
主に質の低いコンテンツサイトや自動プログラム、ツールで作成されたサイト、不正リンクを用いたサイトを検索結果から排除することを目的としたgoogleによるシステム。

 

では、ここでアドバイスをお伝えします。

いつ実施されるかわからない検索順位決定プログラムの変更に、どのような対処をすればよいのでしょうか?

おわかりになりますか?

そうです。

順位下降に備えるべく、サイトの量産とSEO対策!

そして、延々と続く果てしない労働・・・

リピーターが付けば少しはラクになるのかもしれません。

しかし、残念なことにアフィリエイトの流通にはリピート性がありません。

芸能人や人気ブロガーなら、一緒のものを持ちたい、身に着けたいファンがリピーターになるのかもしれません。

 

あなたは普通の人ですよね?

リピーターを付けられるほどのカリスマ性を発揮できますか?

そうでなければ、アフィリエイトで継続して収入を得るには、常に新規開拓が必要となります。

そのために、

・ブログやサイトを量産したり
・メルマガを発行したり
・常に売れる商品の情報を仕入れたり

沢山のやるべきことが待っています。

これらのことからわかるとおり、実は、アフィリエイトの収入は、労働収入なのです。

むしろ、少しでも収入があれば上出来です。

 

最後にアフィリエイト業界の現実をお見せしましょう。

この表をご覧ください。

http://www.japan-affiliate.org/news/survey2014/

2014年アフィリエイト市場調査のグラフになります。

出典:日本アフィリエイト協議会

この表からわかるとおり、90%以上のアフィリエイターが月収5千円以下、そして、月3万円以上稼いでいるアフィリエイターは2%以下となっています。

多大な時間と労力を投じても、上位表示までにたどり着ける人は1%未満です。

99%の人は、生産性のない無駄な努力を続けるだけ・・・

 

アフィリエイトビジネス誕生当時は、競争相手が少なかったため、稼げた人も数多くいたでしょう。

しかし、現在、参入者増加により市場はすでに飽和状態となっています。

このグラフ以上に、稼げていないアフィリエイターは多いかもしれません。

1%に満たないスーパーアフィリエイターが99%の収益を独占し、残り1%の収益を、99%のその他大勢で分け合っている。

実は、これが現実なのです。

ノウハウの勉強とサイト構築に要する莫大な時間を考えれば、大赤字になるのではないでしょうか?

パートで稼いだ方がマシなのかもしれませんね。

 

では、最後に、稼げるアフィリエイターはどのように大量の作業を行っているのかをお伝えします。

スーパーアフィリエイターと言われる人の中には、有力ライターにコンテンツ(記事)を大量発注している人も多くいるのです。

このことからも、良質な記事を大量に書かなければならないか、が想像できますよね。

あなたは、こうしたことに負けないだけの大量の記事を書けますか?

知識も経験もなく、大量のコンテンツの外注もできない素人が、今更参入しても、ほとんど勝ち目はありません。

これが、アフィリエイト業界の現実です。

アフィリエイトは、Sクワドラント(個人事業主)なのです。

 

<結論>

アフィリエイトは、サイト構築とメンテナンスに追われ続けます。

アフィリエイトは、リピート購入が望めません。

アフィリエイトは、権利収入になりません

 

 

情報起業

ネットビジネスを主とする各種ノウハウを、ネット上で販売するビジネスです

情報起業(販売)は、権利収入なのでしょうか?

ネットの世界は日々めまぐるしく変わります。

ひとつの商材が長期にわたって売れ続けることはありません。

収入を得るためには、常に新しい情報商材をリリースし続ける必要があるのです。

そのためにも、新しいノウハウを作り(仕入れ)続けなければなりません。

 

この仕事もまた、労働から解放されることはありません。

ネットビジネスのノウハウも、すでに一通り出尽くされています。

新しいメディアが生み出されるまでは、大きな進化は見込めないでしょう。

 

こうした現実があるにもにもかかわらず、

「瞬時に稼げるアフィリエイト!」

「寝ている間にパソコンが稼ぎ出すアフィリエイト!」

「経済的自由を勝ち取る唯一の方法!」など・・・

いろんなキャッチコピーで情報販売を仕掛ける人や、

逆に、何も知らずに買う人が後を絶ちません。

 

もちろん、

このような「うまい事だけを言う販売」はネットビジネスだけに限りません。

ネットワークビジネス(MLM)業界にも横行しています。

 

<結論>

情報起業は、新しいノウハウを作り続けなければなりません。

情報起業は、権利収入にはなりません。

 

 

競取り(せどり)

物品を安く仕入れ、ネット上で利益を上乗せして売るビジネスです。

競取り(せどり)は、権利収入なのでしょうか?

収入を継続するためには、売れる商品と価格をリサーチする必要があります。

そして

出品し続けなくてはいけません。

自分が働くことをやめれば、たちまち収入はストップしてしまいます。

 

競取りビジネは、Sクワドラント(個人事業主)です。

 

<結論>

競取りは、いつまでも商品を仕入れ続け、出品作業を行い続けなければなりません。

競取りは、リピート購入が望めません。

競取りは、権利収入にはなりません。

 

 

オークション

ここでいうオークションは、オークション主催者のことではありません。

出品して利益をあげる側のビジネスのことです。

ヤフーオークションやメルカリなどで行われていることが該当します。

オークションは権利収入なのでしょうか?

 

競取り同様、自分が働くことをやめれば収入はストップしてしまいます。

そして、売るものを常に探す必要があります。

中には、委託出品の請負い業をして稼ぐ方もいます。

やはり、

オークションもSクワドラント(個人事業主)なのです。

 

<結論>

オークションは、いつまでも売る商品を探し続け、出品作業を行い続けなければいけません。

オークションは、リピート購入が望めません。

オークションは、権利収入にはなりません。

 

 

ネットワークビジネス(MLM)

商品を販売する組織を構築するビジネスです。

組織構築の方法としては、人から人への口コミを行うことが一般的です。

 

ネットワークビジネスは権利収入なのでしょうか?

 

ネットワークビジネスでは、自分から広がった組織の流通に応じた収入を受け取ることができます。

自分が直接かかわっていないところでの流通も収入の対象となることから、不労所得とか権利収入と言われています。

流通(=収入)を生み出してくれる自分以下の組織が資産となります。

 

もう少し具体的にお話ししましょう。

組織を作り始める頃は、手間と時間が掛かります。

もちろん、これは労働収入です。

しかし、ずっと労働収入が続くということはありません。

リーダー育成も終わり、自立航行を始めた組織は手を掛けることは減ります。

手を掛けることが減ったとしても流通が発生しているので、収入を得ることができます。

 

そうです、これが不労所得の始まりなのです。

手を掛けることが減ったとはいっても、問題発生時のコンサル程度のサポートは必要です。

たまに行われるコンサル程度の労働で収入が入るのでしたら、不労所得に当たると思います。

 

しかし、

組織が拡大するにつれ、自分とその組織との密着度が密着度が減っていきがちなので、気づかぬうちに組織崩壊をすることもあり得ます。

そうなると、所得はなくなります。

不労所得が終わったということです。

 

ですから、不労所得が入って来る段階になったとしても、自分は完全にリタイアするのではなく、サポートしていくことが大切です。

サポートしているかぎり不労所得は維持できるでしょう。

 

ネットワークビジネスは、まさにBクワドラント(ビジネスオーナー)なのです。

 

<結論>

ネットワークビジネスは、自分以下の組織が稼働している限り、流通が発生します。

ネットワークビジネスは、リピート性も高く、自分が労働しなくても収入を得られます。

ネットワークビジネスは、権利収入となります。

 

 

ネットワークビジネスは、特別な技術や知識、そして時間も人脈もない人にとって

成功をつかみ、夢を叶えられる唯一にして最短の方法なのです。

 

ネットワークビジネスの目的は、自由を勝ち取ることにあります。

真の自由を実現できるのがネットワークビジネスと言えるのではないでしょうか。

 

しかし、このネットワークビジネスにしても大半の人が失敗に終わっているのが現実です。

それはなぜでしょうか?

 

実は、ネットワークビジネスで成功するためには、3つの原理原則があります。

ネットワークビジネスに参加する人は、副業者か初心者が大半です。

そして、副業者や初心者は、知識や経験も乏しく、時間も人脈も運転資金もありません。

 

副業者や初心者など、普通の人が成功するには

誰もが参加・継続・しやすい

『会社(製品、プラン・・・)』

『展開方法』

『育成法』

が必要です。

詳しく知りたい方は

初心者でも成功できる安全かつ健全な製品」は、こちらから

トップリーダーが教えないネットワークビジネス報酬プランの真実」は、こちらから

 

 

では最後に、以下のことについて考えてみましょう。

インターネット集客ネットワークビジネス(MLM)

 

口コミネットワークビジネス(MLM)では、人と直接会って、商品や報酬プランなどを説明します。

 

あなたは、1日でどれだけの人数の人に会えるでしょうか?

頑張っても1日3名くらいだと思います。

せいぜい3名の人にビジネスの話を伝えるのが精一杯ではないでしょうか?

そして、

残念ながら、残念なことに、いずれこうした人脈は尽きてしまうものです。

では、インターネット集客ネットワークビジネスではどうでしょうか?

 

ネットワークビジネスに興味のある人が、あなたのHPやブログにアクセスしてくれます。

人を探さなくても、

アポを取らなくても、

先方からアクセスしてくれるのです!

 

想像してみてください・・・

あなたのホームページに、1日100件のアクセスがあるとしたら、毎日100人にビジネス情報を伝えているのと同じことなのです。

ホームページがパソコンがあなたにかわって集客してくれる、というのはそういうことです。

しかも、その環境は、完全在宅です!

 

さらに、

このシステムを自動化することで、1日24時間、一年365日、自動集客できます。

人脈はインターネットなので無尽蔵です。

尽きることはありません。

口コミネットワークビジネスで必要になるリストアップも不要です。

 

ここまで読んだあなたなら、

インターネット集客ネットワークビジネス(オンラインMLM)が、いかに優れたビジネスモデルか、がわかってもらえたことでしょう。

インターネット(Web)集客をすることで、ネットワークビジネスの成果を飛躍的に高めることができます。

 

資産・不労所得・権利収入の構築を実現できるビジネスモデルは、

アフィリエイトや情報企業ではなく、ネットワークビジネスです。

そして、ネットワークビジネスで成功できる唯一の方法が、mインターネット集客なのです。

 

 

アフィリエイターが本物の権利収入を構築する方法

あなたがアフィリエイトなどのインターネット集客のスキルを持つのであれば、「インターネット集客ネットワークビジネス」に取り組むことをお勧めします。

 

どのビジネスでも「勝ち組」と「負け組」が存在します。

ほとんどの場合、

「勝ち組」に入る人は、「勝ち組になるべきビジネス」に

「負け組」に入る人は、「負け組になるべきビジネス」に

時間とエネルギーを費やしています。

 

ネットワークビジネス業界での「勝ち組」と「負け組」について考えてみましょう。

一握りの「インターネット集客ネットワークビジネス」は、「勝ち組」として巨大マーケットを獲得し、数千社の口コミネットワークビジネスは、いずれ負け組として片隅に追いやられることでしょう。

 

では、

「インターネット集客ネットワークビジネス」での「勝ち組」と「負け組」は、どうでしょうか?

「インターネット集客ネットワークビジネス」に参加している人々の大半は、アフィリエイトなどネットビジネスのノウハウは身についていません。

 

ネットビジネススキルを習得していない人は、そのスキルを習得することから始めなければなりません。

(※Top Teamでは、全く別世界の戦略を用意しています)

 

アフィリエイトの経験があるあなた、

ネットビジネススキルを習得しているあなたは、すぐにでもネットワークビジネスの権利収入の獲得、つまり「勝ち組」に向かって走り出すことができます。

 

インターネット集客スキルを持っているあなたは、それだけ有利な立場となるでしょう。

あなたの持つ集客スキルで、製品ユーザーを集客することが可能となるのです。

 

さらに、

「インターネット集客ネットワークビジネス」をアフィリエイトすることで、より早い組織構築が可能となります。

そうです、あなたこそが「勝ち組」にもっとも近い位置にいるのです。

 

ただし、

アフィリエイトスキルで集客するだけで成功するわけではありません。

ネットワークビジネスは、集客で誕生したメンバーを教育し、組織化することが大切になります。

そのため、メンバー教育・組織化の経験豊富なグループを選ばれることが重要なのです。

 

そして、

メンバー教育はグループに任せ、あなたはアフィリエイト展開に専念すればよいのです。

アフィリエイターは、アフィリエイターとして「アフィリエイト型権利収入」を作り上げればいい、ということです。

 

副業者や初心者にとっての成功法則とは?

副業でも初心者でも成功できる『教育』『展開法』『戦略』とは?

副業でも初心者でも成功できる最新ネットワークビジネスとは?

 

トレーナーとしてリーダーとしての長年の経験を踏まえて、私から、初心者や副業者などの普通の人が高い確率で成功するための条件をお伝えしてきました。

 

もちろん、私があげた成功条件から外れる人のなかにも、成功者はたくさんいます。

ただ、成功条件から外れれば外れるほど、あなたにはより高い能力が求められる、ということを忘れてはなりません。

 

関連記事
ネットワークビジネスとアフィリエイトとの違い

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.