友人をビジネスに誘うことで信頼関係を壊すのではないか、と不安です

Q:
友人や知り合いをビジネスに誘う時など、長年築いてきた信頼関係を壊したり友人を失ったりしないか、という点が不安です。

A:
友人や知り合いをビジネスに誘う場合、なかなか声をかけづらい、という人は多いことでしょう。

そういう時は、例えば、

「私は、このビジネスは本当に素晴らしいと思うし大きな可能性がある、と思って始めました。だから、あなたにも伝えようと思ったんです」

など、何より、あなたの目的を誠実に伝えることが大切です。

決して無理に人にビジネスを押しつけようとするニュアンスを含む伝え方をしてはいけません。

そうではなく、人に伝える時は、有益な情報とチャンスだけを人に提供し、あくまで選択権はその人に委ねる、という姿勢を崩さないようにしましょう。

 

友人や知り合いをビジネスの仲間に誘う、ということは、あなたとその人との間にこれまで存在しなかった利害関係を生むわけですから、とてもデリケートな問題です。

「あなたと私と共に豊かになることができればいいと思ってお誘いします」という点がしっかりと話を伝える相手に届かなければ、伝えられた側は、少なからずあなたに不信感を抱くことになります。

逆にこの点がしっかりと相手に伝われば、相手の返事が結果的に「Yes」であろうと「No」であろうと問題ではなく、大切な信頼関係が壊れることも少ないはずです。

 

ただし、話がビジネスのことである以上は、協力する仲間同士の間柄には、どうしても割り切ったドライな側面は入り込みます。

もし、どうしても特定の友人や知り合いに対してそういう関係性を持ち込むのが躊躇われるなら、そのような人に無理に声をかけることはせずに、その分、他で新たに人脈を作っていくことに頭を切り替えることも大切です。

幸い、今は、インターネットやSNSを利用して人との出会いを作っていくことも昔と比べてはるかに容易にできるようになってきています。

それらを有効に活用していくのもいいでしょう。

 

また、ビジネスに誘うべき人は、何も友人や知り合いに限られているわけではありません。

行きつけの場所や普段の生活のシーンで出会う人の多くは、決してあなたと親しくしている間柄ではないかもしれませんが、かといって、彼らがあなたの話に耳を貸さないと決まっているわけではありません。

あなたが意識しているコミュニケーションの輪を普段の範囲から少し広げてみることで、あなたなりに「ビジネスの誘いをしやすい人」の数を増やしていくとよいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.