本業に支障をきたすことなく、副業でビジネスに取り組むことが難しい

Q:
本業に支障をきたすことなく、副業としてビジネスに力を入れて取り組むことがなかなか難しいです。

A:
まずは、自分ひとりで悩まないことです。

そういう時に真っ先にするべきことは、自分の考えていること、感じていることを、あなたのリーダーに相談すること。

悩みを聞いてもらうこと。

それが一番大切です。

 

どんなメンバーでも、活動のペースには波があります。

調子よく活動できている時もあれば、なかなか集中できずにいる時もあるのは、当たり前。

例えば、本業でサラリーマンをなさっている方であれば、仕事がちょうど決算の時期に差し掛かっていてバタバタしていたり、家庭を持つ方であれば、お子さんがちょうど受験のシーズンに差し掛かっていて手が空かなかったりなど。

そういう時には、時間的にも精神的にも他のことを考える余裕がなかなか生まれないものです。

 

ビジネスに力を入れて取り組むことがなかなか難しい状況というのは、実際、ケースも様々で、ここで一概に決まったアドバイスをして差し上げることは難しいのですが、一つの提案としては、こういう時期には、あまり無理をして自分の考えで具体的に活動を進めていくのではなく、時間の都合が合えばとにかく毎週のセミナーに参加することだけを考えてみることをおすすめしておきます。

 

何より、最も避けなければならないことは、事態を重く受け止めて自分ひとりで悩みを抱えてしまい、チームのメンバーとのコミュニケーションの場から遠ざかっていってしまうこと。

あなたが孤独になってしまうことがよくないのです。

もし、あなたが、今、セミナーに参加する時間もなかなか作ることができない状況にあるならば、そのことも含めてリーダーに相談することです。

例えば、今、平日は一日中忙しくて夜のセミナーに参加する時間もつくることができない、というのであれば、そのかわりに日曜日なら時間を取ることが可能である、などの具体的な提案をあなたから出してもらうことで、リーダーはあなたのために日曜日のセミナーを開催するための準備を進めることもできます。

相談をせずにあなたがひとりで悩んでしまうと、リーダーは、あなたのために何をしてあげられるか、の対策を考えることすらできなくなってしまいます。

活動になかなか力が入らない。

そのやる気を引き出すのはあなたひとりだけの責任でどうにかすること、と考えずに、そんな時こそ、せっかく入ったチームを信頼して頼ってみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.