ビジネスにのめり込むことで視野が狭くなってしまうような気がします

Q:
ビジネスにのめり込むことで自分の視野が狭くなってしまうような気がします。他のことを考える余裕もなくなるのではないか、と心配です。

A:
視野が狭くなる、ということについて具体的にどのような状況を指してお話しされているのか、ここで正しく汲み取って差し上げられるかわかりませんが、例えば、こういうことでしょうか。

ビジネスのことに夢中になるあまり、他の趣味の時間や人との繋がりを持つ時間が少なくなってしまう、とか。

もし、そういうことであれば、答えの半分は「Yes」、残りの半分は「No」だと言っておきます。

 

もし、あなたが本気で成功を考えているなら、なるべくビジネスを始めたばかりの頃は全力でこのビジネスに取り組むことがある程度大切になってきます。

それだけ、このビジネスは、スタートダッシュの勢いが大切なのです。

ただし、やがて、あなたのビジネスが一定の軌道に乗ってきた段階では、経済的な余裕も時間的な余裕も生まれてきます。

その時には、あなたは、もう、今までのあなたではなくなっているはず。

空いた自分の時間の中で、好きなことや人とのコミュニケーションにむしろこれまで以上に積極的に時間を使うことができるようになっていると思います。

 

このビジネスにひたむきになれるあなたは、それができない人に比べて、とても有利なスタート地点に立っていると言えます。

あなたの願いが、仮に、「豊かな暮らしをすること」だとしましょう。

あなたは、今、自分が価値を見出したその願いに対して全力になれている、ということです。

人生の比重のうち、「ビジネス」が占める割合が大きく膨らんで、その代わりにこれまで大きかった「仕事」や「趣味」、「人付き合い」の占める割合が萎んでいってしまう、という見方をするのではなく、

今まで、「仕事」や「趣味」、「人付き合い」の中に漠然と見失っていた「あなたの本当の願い」が、このビジネスとの出会いによって鮮明に見えるようになった、と考えてみてはいかがでしょう。

 

このビジネスは、「あなたの本当の願い」を叶える手段です。

ビジネスが目的なのではありません。

このことにきちんと納得ができれば、あなたの迷いは消えるはずです。

「あなたの本当の願い」にあなたが近づく度に、人生の比重のうち「ビジネス」だと思っていた特別な時間は少しずつ影を潜め、やがて、「豊かな暮らしをすること」そのものが浮き彫りになっていることでしょう。

ぜひ、頑張って下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.