派遣社員のための派遣切り対策

派遣社員の雇用形態

ネットワークビジネスは、派遣社員契約社員等、いわゆる非正規雇用の人が取り組むビジネスとして向いています。

派遣社員の雇用形態は、基本的に有期労働契約で雇用期限が決められています。

契約社員にしても、派遣会社を通さず企業と直接契約する点で派遣社員とは異なりますが、半年とか1年の有期雇用契約であることに変わりはありません。

ですから、派遣社員契約社員もいつ仕事がなくなるかわからない不安定な状態で仕事をしています。

そのため多くの派遣社員契約社員が正社員になる道を探すか、副業で生計を立てる道を探しているのです。

ネットワークビジネス参加者、増加

このような背景があるからでしょうか、最近派遣社員契約社員といった非正規雇用の人達でネットワークビジネスに参加する人が増加しています。

派遣社員は突然の派遣切りに遭うリスクがありますし、契約社員だって、ちょっと会社の業績が傾けば真っ先にリストラの対象となります。

彼らは必死で現在の生活と将来の安定を考えて、いつか副業で始めたネットワークビジネスが本業の収入を超え、権利収入で生活できる日を夢見て努力を続けています。

事実、ネットワークビジネスの成功者には、派遣社員契約社員の人が最近増えてきています。

正社員に比べて、非正規雇用の方がネットワークビジネス成功しやすいと言えるかもしれません。

その理由は、派遣社員契約社員は、正社員と比べると時間の都合がつけやすいということが挙げられます。

業種によりますが、ほとんどの場合、残業や休日出勤は正社員ほど多くはないのではないでしょうか。

だからこそ、仕事が終わった後や休日に、徹底してネットワークビジネスに取り組むことができるのです。

残業が少ない分、就業後の時間が長く、ネットワークビジネスに充てられる時間も正社員より多く取ることができます。

副業としてネットワークビジネスに取り組むにしても、毎日深夜まで残業していてはビジネスのために時間を捻出することは難しいでしょう。

待遇面では正社員に劣っていても、時間の融通はつきやすいので、副業ネットワークビジネスをすることを考えれば、派遣社員契約社員の方が成功しやすいと言えるでしょう。

派遣社員契約社員ならではの問題

ネットワークビジネスを進めていく上では、製品を流通させるために、友人・知人に声を掛けていくのが一般的なビジネスの方法です。

正社員より収入の少ない派遣社員契約社員にとっては、ビジネスの運営コストは手痛い出費となります。

いくら低資本、低リスクで始められるネットワークビジネスでも、セミナーやミーティングのための交通費やお茶代等はかかってきます。

友人・知人に声を掛けること自体大きなストレスになりますよね。

就業後や休日は、ネットワークビジネス勧誘に奔走しても友人達の冷たい拒絶に遭うだけで、途中で挫折してしまう人が多いのも事実です。

派遣社員契約社員ネットワークビジネス成功するためには、できる限りコストを抑え、友人・知人を勧誘しなくても成り立つビジネスモデルである必要があります。

インターネットで集客するネットワークビジネスなら、口コミのネットワークビジネスに比べてもさらに低資本・低コストで始められます。

友人・知人をセミナーに勧誘する代わりに、インターネットを使って集客する仕組みを築くことで、コストも時間も大幅に節約できます。

そんな理由で、インターネットで集客するネットワークビジネスでは派遣社員契約社員成功者が多いのです。

もちろん、ネットワークビジネス成功すれば、不安定な非正規雇用とはおサラバできますよ。

 

Related Post

     無料講座/あなたの知らないMLM

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.