プロが明かす!アムウェイとニュースキン、本当はどっちが稼げる?

アムウェイ ニュースキン

日本のネットワークビジネスにおいて、外資系として一定の地位を築いている「アムウェイ」と「ニュースキン」

現在では両社とも日本のトップ5に入る、代表的なネットワークビジネス企業です・

今回は、この2社について「一体どちらがビジネスとして収益を上げやすいのか?、要するにどっちが稼げるのか?」を考察していきたいと思います。

アムウェイについて

 

アムウェイ

日本アムウェイ株式会社は、数ある日本のネットワークビジネス企業の一つでその歴史も古く、世界でも日本国内でも同社の売上高はNo.1の世界最大のネットワークビジネス企業です。

米国ミシガン州エイダに本社を置き、世界100以上の国と地域で事業を展開しています。

  • 会社名:日本アムウェイ合同会社
  • 事業内容:家庭日用品、栄養補助食品、パーソナルケア製品等の輸入・販売
  • 販売方式:ディストリビューターの口コミによるダイレクト・セリング(直接販売)
  • 売上高:989億0500万円(2018年度)
  • ディストリビューター数:約65万組(2018年12月現在)
  • アムウェイ ショッピングメンバー数:約5.3万組(2018年12月現在)

 

アムウェイ総評

日本では1979年の営業開始と、実に40年以上の歴史を持つ、ネットワークビジネス会社として、優秀な企業であることは、疑いようのない実績を誇ります。

ネットワークビジネスとしての観点では、1990年台に日本で急激に広がり1996年には2121億円の最高売上を達成。

しかし翌1997年に、国民生活センターがアムウェイに関する苦情・相談件数が4年連続で1000件を超えていることを公表し問題化。そのあたりから売上は落ち込んでいきます。

日本アムウェイは実は一時期、日本や米国で上場していた時期がありましたが、こういった流れを受けてか2000年には株式を非公開とします。
2008年には株式会社から合同会社に変更し現在に至ります。

 

人は増えていないが売上は安定

ディストリビューター数は、ここ20年を見ても60万人〜70万人となっている点を見ると、良い言い方をすれば安定しているとも言えますが、「既に飽和状態」でこれ以上の伸びは期待できないとも言えるでしょう。

また特筆すべき点は、ディストリビューター数は維持されているものの、実は愛用者である「ショッピングメンバー」の数は2004年の36万人に対し、2014年には8万人と年々減少の一途をたどっているようです。

商品別売上構成比において、サプリメント系が43%を占めている点からも人が増えずともディストリビューターのリピートで売上が立っているという印象です。

 

ニュースキンについて

 

ニュースキン

ニュースキンジャパンはアムウェイ上陸の14年後となる1993年に日本での営業を開始した、米国ユタ州に本拠を持つネットワークビジネス企業です。

  • 会社名:ニュースキンジャパン
  • 事業内容:パーソナルケア製品、栄養補助食品、生活関連製品の製造・輸入・卸売販売と、インターネット関連サービスの提供
  • 販売方式:ディストリビューターの口コミによるダイレクト・セリング(直接販売)
  • 売上高:281億1490万円(2018年度)

 

ニュースキン総評

1993年に日本上陸、その4年後の1997年には850億円という最高売上を達成しますが、その後は年々減少、現在は全盛期の4分の1となっています。

ただし減少にあるのは国内であり、ニュースキン全体では増収となっています。

しかしそれでも、国内ネットワークビジネス企業ランキングでは常時トップ5に入っているトップ企業です。会員数は非公開ながらおおよそ10万人〜20万人と言われています。

 

国内のセールスリーダー数も減少

日本市場のセールスリーダーが、前年比で-10.8%と2ケタ減って5,900人(前年同期は6,600人)。新製品を投入するもセールスリーダーの減少で売り上げにつながらず新製品が売上げに貢献せず2018年度も減収し、五期連続減収となっているようです。

商品別売上構成比においては、非公開ながら化粧水や乳液など、化粧品がその多く占めていることがAmazonの商品売上などから予想されます。
サプリメントが上位を占めているアムウェイとの違いはこの辺にあるようです。

 

アムウェイとニュースキンの売れ筋商品に見るそれぞれの特徴

アムウェイとニュースキンの人気商品を見ると、両社の特徴とその違い、さらには会員傾向が大きく浮き彫りとなります。

ネットワークビジネスにおいて、製品は柱であり、会員がそれを愛用し良さを理解し、その熱意を伝えていけるかどうか、という点が成功を左右する大きな大きな要素となります。

ここでは両社の売れ筋製品について見ていきましょう。

 

アムウェイの人気製品

日本アムウェイが公式ホームページで発表している同社製品ランキングトップ5のうち、3つはニュートリライトのサプリ。そして第1位に君臨しているのはニュートリライトの”トリプルX”です。

ニュートリライト(Nutrilite) は米国、韓国、日本、イタリア、中国、カナダ、ドイツ、ノルウェーなどを含む65ヶ国と地域で販売されているサプリメント(栄養補給食品、健康食品)を展開するビタミンおよび栄養補給食品において売上高世界No.1のブランドです。

その中でアムウェイ人気ナンバー1の「トリプルX」はニュートリライト社創立者カール・レンボーグが追い求めた究極のサプリメントと呼び声高い世界的な評価を集めている製品です。

そのほかにアムウェイ人気製品でベスト5に名を連ねるのが、空気清浄機と浄水器などの家庭用耐久消費財。より快適な暮らしのための製品が上位にあがっているのが、アムウェイの人気商品の特徴です。

このようにアムウェイでは、サプリメントや家庭用品など、主に「主婦層」に人気を集めている製品が多いという特徴があります。

 

ニュースキンの人気商品

アットコスメの口コミランキングやAmazonランキングを見ると、トップ10に入っているすべてのニュースキン製品がフェイスケアになっています。ニュースキンの主力が基礎化粧品であることがよくわかります。

なかでも特筆すべき人気となっているのが、洗顔料であるクレンジング剤です。クレンジングフォーム、クレンジングジェル、クレンジングオイルの3種類がトップ10入りしています。

化粧をするだけでなく、きれいにメイクを落とす、肌の基礎代謝などに気を配る女性が増え、そのニーズに応えた製品といえるでしょう。

その他にも保湿作用などを持つ、基礎化粧品が多く上位を占めているところからも、「基礎を大切にして肌をいたわる女性」の人気を特に集めているようです。

こうしてみると、ニュースキンは若い女性層に支持されている製品が人気となっている特徴があると言えます。

 

人気製品から見るアムウェイとニュースキンの会員傾向

人気製品=主力製品という見方をした場合、それぞれの主力製品は、アムウェイがサプリメントと家庭用品、ニュースキンは基礎化粧品となります。
この点から見ると、主婦層に人気のあるアムウェイ、若い女性層に人気のあるニュースキンとも言えるでしょう。

一概に主婦ならアムウェイ、若い女性ならニュースキンと決めつけることはできませんが、ビジネスとしてネットワークビジネスに取り組む以上、自分から始まる「組織売上」が収益のベースになると考え、どのような層が自分のグループを構成し、どのような製品が流通していくのかは、イメージしておくほうが良いでしょう。

製品はネットワークビジネスを進めるうえで、最重要ポイントであることは間違いないので、「自分にとって愛すべき製品があるか」という点も外せない重大要素であることは言うまでもありません。

報酬プランから考えるアムウェイとニュースキン

細かい報酬プランについての解説は、今回は割愛しますがアムウェイとニュースキン、それぞれの報酬プランの傾向と特徴について考察していきます。

 

ランクアップ難易度と維持条件

ネットワークビジネスにおいて、会員ランクが収益を決定づける最大の要素であることは言うまでもありません。それと同じくらい重要なものは、ランクの維持条件となります。

アムウェイのランクアップと維持条件

自身のランク(タイトル)を昇格させるための資格条件で両社を比較すると、難易度が高いのはアムウェイです。

例えばアムウェイでDDダイレクト・ディストリビューターというピンレベルになるためには、1年間のうちの6か月間150万PVを達成する必要があります。

アムウェイではこのDDのうえにも10以上のピンレベルがあり、その道のりは長いものとなります。

しかし、その反面タイトル昇格してしまえば、降格してしまう条件(維持条件)がゆるいのもアムウェイとなります。

ニュースキンのランクアップと維持条件

それに対して、アムウェイと比較すると昇格条件が比較的容易なものの、いったん維持条件を満たせず降格してしまう場合、一気に下まで落ちて「スタートに戻る」のがニュースキンです。

ニュースキンでブランド レプリゼンタティブ(代理店)になるためには5か月以内に約80万円の売り上げを上げることが条件で、一度ブランド レプリゼンタティブ(代理店)になると3ヶ月で80万円~100万円程度の売り上げを継続しなくてはなりません。
失敗すると、翌月から暫定エグゼクティブのランクに降格され売り上げを取り戻せなかった場合は翌々月にはスタートラインのブランドメンバー(ディストリビューター)に戻ってしまいます。

そして、降格から6か月以内にブランド レプリゼンタティブに復帰できなかった場合、自分の傘下に構築したダウンラインも失うことになります。

ロールアップについては賛否ありますが、何もしない(維持条件を満たせない)人に収入がいつまでも支払われ続けることがない、という点では組織の新陳代謝も促せる理にかなった仕組みという見方もできます。

 

アムウェイとニュースキン、報酬プランはどっちがいい?

 

アムウェイ ニュースキン

 

報酬プランと維持条件の特徴をざっくり解説しましたが、お分かりの通り両社の報酬プランにも大きな違いがあることが分かります。

どちらが良いのか?については、もはや価値観と活動指針の違いによるとしか言えませんが、早く昇格して稼ぎたい人はニュースキン、昇格しにくくても降格しにくい安定感を選ぶならアムウェイ、といったところでしょうか。

アムウェイとニュースキンのどちらを選ぶかにおいて、まずはご自身のビジネススタイルと価値観を冷静に判断する必要があります。

スタートダッシュ型で、早くぐんぐん上り詰めたい、多少維持条件が厳しくとも何もしないリーダーは淘汰されるべきだ、というスピード型ストイックなビジネスタイプの方は比較的昇格条件がゆるめで維持条件きつめなロールアップのあるニュースキンを選ぶと幸せになれるかも知れません。

一方で、時間はかかっても比較的安定した地位を手に入れたい、というロングランスタミナ型の人ならゆっくり昇格でも降格しにくいアムウェイが合っていると言えるでしょう。

このように「報酬プラン、ランクアップおよび維持条件のシステムが自分のビジネススタイルや価値観に合っているかどうか」という点がアムウェイかニュースキンを選ぶ上で、第一のポイントとして挙げられるでしょう。

アムウェイかニュースキンか、どちらを選ぶべきか

今回のテーマ「アムウェイかニュースキン、どちらは稼げるのか?」という観点から結論を言えば、早く稼げるようになれる昇格条件と言えるのはニュースキン安定感あり長く稼げそうなのはアムウェイと言ったところでしょうか。

しかしこれらはあくまで、仕組みに過ぎず、自身の行動力や傘下リーダーの数、製品とグループの相性など様々な要素が絡みあうので、一概に結論づけることは乱暴であろうとは思います。

私個人的には、自分が好きで人に勧めたいと思う製品があるかどうか、自分の情熱をかけたいと心から思えるか、その点が報酬プランよりもかなり重要なポイントだと考えます。

たとえ稼げる仕組みがあったとしても、自分の興味のない、愛せない製品であっては、決して長く継続することは困難であるうえ、そこに情熱はやどりません。
情熱の宿らない環境に、人を幸福にする要素はありません。

情熱のないビジネスは、ネットワークビジネスのみならず絶対に成功などするはずもない、翼のない飛行機と同じなのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください