I・TEC(アイテック)フランチャイズ(加盟店)ビジネスの真相!

アイテック ネットワークビジネス

アイテックインターナショナルは、美容や健康に関わる商品を扱うネットワークビジネス(MLM)の会社です。

ビジネス会員はInstagramなどのSNSを活用した集客が許可されており、注目を集めている会社ですが、実際に会員は稼げているのでしょうか?

また、アイテックのホームページや勧誘サイトでは、ビジネスに参加する人を「FC(フランチャイズ)加盟店」と表現しています。

しかし、その実態を見れば、一般的なフランチャイズとは大きく異なることに気づきます。

プロ目線でアイテックのネットワークビジネス(MLM)について検証した内容をご紹介します。

I・TEC(アイテック)とはどんな会社?

 

アイテック マトリックス

まずはアイテックインターナショナルがどのような会社なのかを見てみましょう。

会社概要

アイテックインターナショナルは、2018年12月に株式会社JMS(ジャパンメディカルサイエンス)から社名変更しています。

オーナーの山口孝榮氏はもともと複数の会社を持っていましたが、JMSを含む4社を統合し、アイテックインターナショナルとして新会社を設立した形です。

  • 社名 アイテックインターナショナル株式会社
  • 住所 東京都千代田区鍛冶町2-2-2 神田パークプラザ5F
  • 代表者 荒見 悠有記
  • 電話番号 フリーダイヤル:0120-35-8888

事業内容

アイテックでは、医療技術を応用した身近な製品として、美容と健康に関わる商品を展開しています。

美容と健康の物販は、ネットワークビジネス(MLM)で人気が高い分野ですね。

アイテックの事業説明会では「薬は富士フィルム、化粧品はアイテック」という非常にスケールの大きいフレーズをよく使っているようです。

この言葉からしても、特に化粧品販売に力に入れているのでしょう。

また、2019年9月には、銀座に会員制のクリニックをオープンしています。

クリニックといっても保険診療はなく、全額自己負担となるため、富裕層がターゲットになります。

今後はクリニックの全国展開も計画しているようです。

アイテックの取扱製品

 

アイテック  ネットワークビジネス

アイテックの取扱製品には、スキンケア製品やヘアケア製品、デンタルケア製品、サプリメント、水素シリーズの製品などがあります。

主力製品は、DDS MATRIXシリーズのうちの「マトリックスエキス(DDS MATRIX エキス)」という美容液です。

価格は5ml入りで5,000円(税別)と、ごく少量の割にはかなり高額といえるでしょう。

マトリックスエキスには間葉系幹細胞培養上清が配合されています。

ネットワークビジネス(MLM)業界ではいま、このような幹細胞系コスメが流行中で、特にエイジングケアに人気のようです。

しかし、幹細胞培養液やその上澄みエキスはまだまだ新しい成分で、検証データも少なく、大手化粧品メーカーは今のところほとんど扱っていません。

マトリックスエキスの評判としては、「肌の水分量が増えた」「毛穴が目立たなくなった」などの声がありました。

アイテックのビジネスについて

 

アイテック ネットワーカー

ここからはアイテックのビジネスについて見ていきます。

初期費用

アイテックのビジネスを始めるためには、アイテックが言うところの「FC(フランチャイズ)加盟店」になる必要があります。

FC加盟店に登録するためには、以下の3つから、いずれかひとつの商品セットを購入しなければなりません。

  • Aセット:345,600円(健康系の商品セット)
  • Bセット:345,600円(美容系の商品セット)
  • Cセット:360,000円(好きな商品の組み合わせセット)

ネットワークビジネス(MLM)会社の中には、初期費用が1万円未満の企業もありますが、アイテックのビジネスにかかる初期費用は非常に高額です。

アイテックはFCなのかMLMなのか

先ほども記載したように、アイテックではビジネス会員を「FC(フランチャイズ)加盟店」と表現しています。

これは正しい表現なのでしょうか?

コンビニチェーンなどの一般的なフランチャイズでは、加盟金を本部に支払い、研修を受けて、売上からロイヤリティと経費を差し引いたものが収入になります。

加盟金とはブランド名を使わせてもらうための初期費用であり、アイテックのように商品を購入するわけではありません。

ちなみにフランチャイズの加盟金の相場は数十万円~数百万円と言われています。

コンビニの場合は200万円程度のようです。

 

また、一般的なフランチャイズでは、加盟店を紹介して仲間を増やしたところで、ネットワークビジネス(MLM)のように報酬はもらえません。

小売りでしか収入を得られないのがフランチャイズです。

アイテックはれっきとしたネットワークビジネス(MLM)であり、一般的なフランチャイズとは大きく異なることが分かりますね。

 

ここで、フランチャイズとネットワークビジネス(MLM)、それぞれのメリットを見てみましょう。

フランチャイズには「ブランド力を活用できる」「本部が宣伝してくれる」など、特に集客面で大きなメリットがあります。

たとえば“ローソン”というブランド力と宣伝力があれば、自分で宣伝活動をしなくても、お客様は自然と来てくれますよね。

一方、ネットワークビジネス(MLM)には「権利収入(不労所得)を得られる」というメリットがあります。

ネットワークビジネス(MLM)に参入する人の最大の目的が、この権利収入です。

報酬プラン

アイテックの報酬プランには次のようなものがあります。

<小売りによる収入>

まず、商品を販売した時の小売り収入が得られます。

アイテックでは「ステアステップ(代理店方式)」というプランを採用しており、これはビジネス会員のランクによって仕入れ値が変わるものです。

小売りで得られる利益はランクによって差がありますが、販売価格のおよそ40~50%が自分の利益になります。

小売りで収入を得るには、商品を仕入れて直接販売する方法と、SNSなどを活用してインターネットで販売する方法があります。

<FC加盟店の紹介>

FC加盟店を紹介して仲間を増やすことで報酬が得られます。

紹介料として得られる報酬は、1加盟店あたり2万円です。

<紹介したFC加盟店の売上から得られる収入>

アイテックでは、紹介した加盟店の利益の5%が報酬として得られます。

プランは「ユニレベル」と似ているのですが、アイテックの場合、自分の直紹介者の下に2段、3段、4段…とダウンが増えても、還元率は5%のまま変わりません。

そのため、自分が努力してFC加盟店を増やしていかなければ収益アップにはつながりにくい仕組みになっています。

FC加盟店を増やすには、当然ながら相手に35万円程度の初期費用を支払ってもらう必要があり、これには高度なビジネスセンスが求められます。

現実には、ダウンを増やして自分の組織を大きくできる人はほとんどいないのではないでしょうか。

アイテックのSNS集客の仕組み

アイテックのビジネス会員は、InstagramやLINE、TwitterなどのSNSを活用した集客が許可されています。

SNSで拡散して商品購入につながれば、利益を得ることができます。

また、SNSで集客をする会員は、SNSショッピングポイントというポイントも付与されます。

会員登録をしてポイントをもらう、会員を紹介してポイントをもらう、商品を購入してポイントをもらう、といった方法でポイントがたまります。

 

ネットワークビジネス(MLM)でよく言われるのが「口コミ集客の限界」で、いまはどのようなビジネスであれ、インターネットによる集客が欠かせない時代です。

ネットワークビジネス(MLM)では口コミ集客しか許可されていない会社も多いので、

「アイテックはSNSで販売活動ができるから、ラクに稼げるよ」

と誘われることもあるようです。

しかし、一般の人が高額な製品をSNSで拡散し、購入にまでつなげるのは難易度が高いといえるでしょう。

SNS集客の厳しさを知らない人々にとっては魅力的な手法のように思えることでしょうが、その現実は素人が確率高く結果を出せるほど生易しいものではありません。

アイテックの評判

アイテックの評判はどうなのでしょうか。

アイテックの事業説明会に参加した人からは、

「化粧品なのに、アトピーに効く、薄毛に効く、などの誇大表現をしている」

と苦言を呈している声がありました。

また、ビジネス会員さんが投稿するインターネット情報の中にも、化粧品には許可されていないような誇大表現をしているケースが見られます。

アイテックではどのような教育がされているのでしょうか?

 

ちなみにアイテックの公式サイトでは、FC加盟店が投稿した製品情報に誤った内容が記載されている、と言及している箇所がありました。

内容は、製品の共同開発社が事実と異なっている、というもので、

「FC加盟店におかれましては誤解のない様に、事業説明会、研修会をしっかり受講していただいて、間違いのない様な事業展開をお願いしたいと思います。」

と書かれていました。

自社の公式サイト内でFC加盟店に注意を促すこと自体、緩慢な印象を受けてしまいます。

 

こうなると、消費者は何を信頼していいのか分からなくなってしまいますね。

インターネット集客では、製品や企業への正しい理解とともに、法律に基づいた発信が求められます。

これらを守ることができなければ、ビジネスを成功に導くことはできません。

少なくともアイテックは、ビジネス会員への教育やフォローがしっかりしているとは言い難いでしょう。

また、アイテックのビジネス会員になった人のSNS投稿の中には、一刻も早い解約を呼びかける声や、高額な初期費用を支払ったことへの後悔など、切実な意見もありました。

アイテックのビジネス会員で、在庫と赤字を抱えて悩んでいる人は相当数いるのではないかと思います。

 

アイテックで稼ぐためには、35万円もの初期費用を払ってFC加盟店になってくれる仲間を増やし続けながら、5mlで5,000円という高額な化粧品を売り続けなければいけません。

SNSでの集客が許可されているといっても、充分なフォロー体制もない中で、稼げる人はごく一部であり、ほとんどの人は赤字を抱えているのではないでしょうか。

このようなビジネスでは、健全性ということにおいて多いに?が灯るのではないでしょうか。

 

まとめ

 

アイテック 危険

アイテックインターナショナルについて見てきました。

アイテックをネットワークビジネス(MLM)の視点から見た時のメリットとデメリットは次の通りです。

<アイテックのメリット>

  • SNSで集客ができる

<アイテックのデメリット>

  • 初期費用が35万円と高額
  • 高額ゆえにFC加盟店を増やすのは至難の業
  • ビジネス会員の教育やフォローが不充分
  • 新しい会社のため、先行きが見通しにくい

 

コロナウイルスの影響で日本の経済状況が悪化の一途をたどる中、安定した暮らしのために権利収入を得ようとする人はますます増えています。

しかし実際には、高額な初期費用の回収もできないまま、泣き寝入りしてしまう人を多発させる企業が多いのが現状です。

 

健全・堅実なネットワークビジネス(MLM)をするためには、まず優良企業を選ぶことが大切です。

ネットワークビジネス(MLM)における優良企業とは、低コストでビジネスに参入でき、売りやすい製品を、売りやすい価格で提供でき、かつインターネット集客が可能な企業です。

健全・堅実なネットワークビジネス(MLM)とはどういうものなのか、ビジネスを成功に導くインターネット集客とはどういうものなのか、より詳しく知りたい人はSymphonia講座をご受講ください。

完全無料、完全在宅で受講できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください