間違えないで!あなたが求めるべき副業選び

あなたが求めるべき副業選び

サイトにお越しいただき、ありがとうございます。

このサイトをご覧のあなたは…

既に副業をされているのでしょうか?

副業はしているものの…?

副業に興味はあるものの、何がいいのやら?

なのでしょうか。。。

 

このサイトでは、

あなたを取りかこむ経済環境・収入の質の違いよる副業

を中心にお伝えさせていただきます。

あなたが求めるべき副業探しのお役に立てれば幸いに存じます。

 

 

副業不可欠時代

国の借金は増えつづけ、増税と社会保障減額、もちろん終身雇用制度は遠い過去のものとなり、どの会社もいつ倒産するかわからない時代となってしまいました。

国も会社も私たちの生活を護ってはくれない時代ということです。

現に、「副業を認める、副業を奨励する会社が増え始めている」という現実が、国民の厳しい経済状況を物語っているのです。

だからこそ、自分と家族のための経済をより強くしなければなりません。

そして、「複数の収入源をもつ生き方」をする人が激増しているのです。

また、「徹底して複数の収入源を維持する」というフリーランスも増えつつある時代なのです。

これからの時代、会社員の方も「複数の収入源をもつべき」という意識は持つべきなのです。

では、収入の質の違いについて考えてみましょう。

 

SOHOビジネスの魅力と現実

SOHOとは英語の「Small Office Home Office」の略称です。

小さな事務所や自宅を仕事場とし情報通信ネットワークを駆使しながら事業を起こした個人事業主を指し、雇用されない働き方となります。

本業を持ちながらでも、家事をしながらでも、育児をしながらでも、働くことができます。

SOHOビジネスの生活を実践して感じる魅力は多いです。

・通勤時間が必要ないためムダを省ける
・家事や育児と両立しながら仕事ができる
・会社でのわずらわしい人間関係に悩む必要はない
・働く時間も服装も自由でいられる
・スケジュール管理を自分で設定できる

この働き方に魅力を感じませんか。

しかし、当然デメリットもあります。

・営業や経理といった業務をする必要がある
・個人事業主になるので確定申告がめんどう
・収入を安定させるためには工夫と努力が必要

以下の仕事もSOHOの一例です。
アンケートモニタ
データ入力
イラストレーター
ライティング
・サイト制作

 

複数の収入源

SOHOビジネスで一番苦労することが、収入を安定させることでしょう。

そのためには、安定した仕事を確保することが重要になります。

月の収入を安定させることをまず目標にする方が多いです。

良いクライアントと出会えるかどうかがポイントになります。

 

そこで、考えるのが「複数の収入源をもつ」という考え方です。

クライアントも複数もつ必要があります。

もし契約が切られてしまっても、他のクライアントの仕事があれば、収入が大幅減少することはありません。

 

権利収入と労働収入

ところで、権利収入と労働収入の違いはご存知でしょうか。

権利収入とは、
労働に対して一時的に支払われる報酬ではなく、継続的に生まれる収入源です。
具体的には、家賃収入、駐車場貸出しなどがあります。

労働収入とは、
常に労働をしてそれに対して支払われる収入になります。

権利収入のメリットとしては、自分が働かなくても仕組みをつくればお金を稼ぐことができるところです。

資本が少なくても参入できる権利収入を考えてみると良いでしょう。

資産からの権利収入
日本の平均年収は400万円前後と言われていますが、権利収入の場合は、上限がありません。

生涯収入がある程度決まってしまっている労働収入に対して、上限がないというところが、権利収入の最大の魅力といえるでしょう。

権利収入については、このサイトの下方にある「ブログ内を検索」で「権利収入」を調べてみてください。

記載されている記事で研究されると詳しく理解できるのではないでしょうか。

 

 

初期投資が必要ない資産構築

ホリエモンこと堀江貴文氏は儲かるビジネス 4つの原則を語っています。

1.利益率が高い
2.在庫をできるだけ持たない
3.月に定額の収入が入る
4.大資本がいらない

堀江氏もこのように語るように、初期投資がない資産構築は儲かるビジネスというわけです。

たしかにそうですよね。
最初の初期投資で多額の資金を支払って失敗したら大赤字です。

副業を始めるときは、初期投資がゼロもしくはゼロに近い権利収入ビジネスを選択しましょう。

仕組みをつくって自動で月に定額の収入が入ってくるようなシステムが望ましいですね。

 

例えば、クラウドソーシングについて考えてみましょう。

登録料金はかからないため、初期投資はゼロです。

しかし、手を動かし続けない限り、収入は入ってきません。

つまり、クラウドソーシングは、資産から発生する権利収入とはならないのです。

 

まとめ

これからの時代は、リスクを避けるために副業を始めることをおすすめします。

さまざまな副業がありますが、できるならば権利収入を生みだす資産構築ビジネスをお勧めします。

一度資産(仕組み)をつくることができれば、労働収入とは比べものにならないほどの権利収入が期待できるからです。

by Katsuya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.