シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20代の転職を成功させる為の10のチェック項目

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

 





転職を考えてはいるがあと一歩踏み出せない20代の人へ

一昔前は「転職したら負け」という雰囲気でしたが、今は違います。「本当にやりたいことがある」や、「自分のスキルアップのため」の転職は、おおむね好意的にとらえられる傾向です。

転職をためらう明らかな理由がない限り、前向きに検討したいものです。転職で失敗したくないがどんなことを事前にやっておけばよいのか?について考えてみましょう。

あなたが転職を踏みとどまっている理由は何ですか?

「上司が嫌」、「いじめにあっている」、「サービス残業が多い」といったネガティブな理由であっても、「○○に興味がある」、「より高度な仕事ができる環境がほしい」、「夢に向かっての第一歩」いいかえることができれば、転職の成功率はぐんと上がりますよ。

あなたの能力と経済的飛躍につながる転職を

人間は成長することに喜びを覚える生物です。あなた個人の能力向上はもちろんのこと、給与アップも望める転職がベストですね。どちらが欠けても、あなたが満足できる転職にはならないでしょう。

そのような転職先を探すのは至難の業と思うかもしれませんが、しっかりやるべきことをやっておけばそう難しいことではありません。

転職を成功させる10のチェック項目

転職を成功させるためには、頭に入れておかなければならないことがあります。ただやみくもに転職活動に手を出して、後悔しか残らない転職になっては意味がありません。

以下の10項目は転職を成功させるために大変重要なことです。しっかり頭に入れて、人生の節目となる転職活動を乗り切りましょう。

その1 ゴールが決まっているか

どんな転職先であれば、あなたの希望通りでしょうか。「とにかく福利厚生が良い会社」「副業がOKの会社」「海外勤務ができる会社」「○○の仕事ができる会社」様々な希望があると思います。

この世の中にはあなたの希望に合う「完璧な会社」はありません。どこまでなら妥協できるのか、落としどころを含めてゴールを決めておきましょう。

その2 行動計画があるか

ゴールが決まったら。どのようにしてそのゴールまで到達するのか、計画を立てましょう。目に見える形で「計画表」にまとめると、進捗確認しやすいですね。

しなければならないことを付せんなどに書いて、ブレインストーミング形式で計画表を作成する方法もあります。転職活動が進むにしたがって計画通りにならなくても、すぐに修正できて便利ですよ。

その3 自己分析ができているか

自己分析はやってみましたか?自己分析をしなければ、自分が何を武器にして転職活動を進めていくか見当が付きません。そのまま転職活動をしても、アピール力や決定打に欠けます。

自己分析をして自分のアピールポイント、弱点を抽出しましょう。弱点については「思い込みが激しい」を「一本気な性格」などと、ポジティブに説明できるようにしましょう。

その4 他己分析ができているか

自分が思っている自分の姿と他人から見た自分の姿に差があることがあります。以前に受けた人事評価や、上司から指摘された良い点悪い点などを参考にするのもよいです。

また、友人や同僚、上司から、自分がどう思われているか聞いてみましょう。自己分析では見えてこない、あなたの新しい一面が発掘できるかもしれませんよ。

その5 情報収集は十分か

志望する会社や業界の情報をできるだけ集めておくことで、転職後のミスマッチを防ぐことができます。会社の基本的な情報だけでなく、その会社に勤めていた人や退職してしまった人がどう思っているかなども参考になります。

例えば「カイシャの評判」という登録制サイトでは、その会社の退職者や在職者からの評判を公表しています。

また、転職サイトは一つだけではなく複数登録して、転職のノウハウなどの情報を収集することが大拙です。多くの転職サイトは無料で登録できます。

その6 使える人脈があるか

人脈=コネというわけではありません。その会社の生の声を聴けるような人が身近にいるかどうかということです。人脈があることで、オンラインの情報では知りえないような詳しい情報まで入りますので、身近に目指している業界に勤めている人はいないかを確認してみてはいかがでしょうか。

その7 退職の理由がはっきりしているか

あなたの退職理由は、他の人から見て納得できるようなものですか?退職理由がはっきりしないと、その気はなくとも「またすぐにやめてしまうのでは」と疑われてしまいます。

その8 やる気があるか

30代以降の転職と違って、20代の転職では、多くの場合経験を求められません。20代ですから、経験がなくて当たり前。やる気と仕事に対する情熱、ポテンシャルが大切なのです。履歴書や面接であなたのやる気や情熱を、転職を考える期間に醸成しておきましょう。

その9 新しい一歩を踏み出す勇気があるか

転職の準備が整っても、新しい一歩を踏み出す勇気が必要です。一時的に収入がなくなることや、新しい環境になじめるかなどの不安に押しつぶされそうになります。しかし、そこを一歩踏み出すことで、あなたも人間的に大きく成長することができます。

その10 あなたは今冷静か

現在勤めている会社への怒りに沸いていませんか?怒りはあなたを盲目にします。いったん不平や不満は置いておいて、冷静になってあなたの転職を見つめてみましょう。今まで見えてこなかった「どんな会社に転職したいか」が見えてきますよ。

20代前半第二新卒向け転職サイトの紹介

20代前半の、いわゆる第二新卒と呼ばれる場合の転職では、あまり経験を重視しません。そのため経験のない業種でもやる気があれば内定が取れる可能性が十分にあります。しかし、転職に関する知識や経験が不足がちになるため、そこをフォローアップしてくれるサイトが良いでしょう。

マイナビエージェント

大手就職サイトが母体となって、てんしょくをサポートします。転職先を探すのみならず、20代の転職で不足しがちな、転職に対する知識や経験を補ってくれるキャリアカウンセリングや転職のノウハウを教えるなどのサポート体制があります。転職をするなら必ず登録しておきたいサイトです。

参照:マイナビエージェント

DODA

転職活動の進め方からプロがサポートをしてくれます。一方的な情報の伝達ではなく、キャリアアドバイザーに電話やメールで相談をすることができます。キャリアアドバイザーは利用者からも好評で、このシステムが無料で利用できるのがDODAの強みです。

参照:DODA

ウズキャリ

キャリアカウンセリングに20時間は掛けるというこだわりで、丁寧な転職者サポートが評判です。「本当にこのままでいいのか」「転職活動をすることに不安を覚える」という人は、まず登録して相談してみるのはいかがでしょうか。

参照:ウズキャリ

25歳以降向け転職サイトの紹介

25歳以降になると、経験を求められる場合があります。自分にはできることなど何もないと思っていても、給与計算や損益計算書が読めるなど、少なからずこれまでの業務で培った基礎知識があるはずです。

転職に関するプロの目が利用でき、相手方から面接のオファーが来る可能性があるサイトをお勧めします。

MIIDAS

自分のスキルや経験を求めている会社を探し出すマッチングサイトです。最初の登録の際にあなたの市場価値がどのくらいかを見積もり、現在どのくらいの企業があなたにオファーを出すかという予測をしてくれます。数年の業務経験や資格を持った人におすすめのサイトです。

参照:MIIDAS

転職を有利に進めるために

転職にはデメリットもありますが、それを補って余りあるほどのメリットがあります。この転職を成功させるかどうかはあなたの準備次第。是非10項目をチェックして、後悔のない転職活動にしてくださいね。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

応援お願いします!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.